祈り。守りたい、この笑顔。羽生結弦選手、楢葉町訪問 2018 に寄せて。& 世界選手権 2020 考。

本日は、3月11日という事で。羽生結弦選手の”9年目”への想いが 昨日エブリさんにて放送。
羽生結弦選手が ソチで金メダルを獲った後、2014年から 24時間TVで毎年”一夜限りのアイスショー”を続け、
同時に 東北各地の訪問や 東北だけでなく北海道の被災地域 ハスカップ農家などの訪問も ずっと続けてられて。
誰に何を言われようと、自分の気持ちを貫き通す その姿は 19歳~25歳の年齢とは思えないほど大人な男。
本当に頭が下がる思い。尊敬しかない。エブリさんでは 2018年に結弦くんが楢葉町を訪れた時の様子とインタが。
楢葉町のちびっ子たちとのハイタッチ。みんなの笑顔が めちゃ輝いていて ホントに嬉しそうで。
結弦くん、血の滲むような努力と供に勝ち取ってきた数々の戦績は、 こんなにも素敵な笑顔を育むんだよ。


20200311-y1-1caa.jpg

No reproduction or republication without written permission.
(Immagine Gif e Photo collage di questo blog e vietata Tutti i diritti riservati.
Se si desidera pubblicare, si prega di mettere il link fonte originale.)



         z-2018-naraha-sssat6-10cop-1.gif

ハイタ~ッチ。


※ 当方のキャプチャ・GIFの、ツイ・ブログ記事への転載・転用・コラージュの再加工、及び
商用利用等は 何卒ご遠慮下さい。個人で保存して ご自身で お楽しみ頂けるのは 大歓迎です。



今年はコロナの影響で、慰霊祭も中止とか。でも、大切なのは 何よりも気持ち。結弦くんが訪ねた楢葉町の中学生さん達
学校教育の一環も兼ね 地元名産の『ゆず』を使った様々な食品やアイテムなどを企画、それが商品化されて市場に。
今の学生さん達のインタで、羽生結弦選手にもらった言葉が励みになったり 前に進む力になっているのは
結弦くんにとっても かけがえのないパワーになる事と思います!。


結弦くんがやって来たことが、結弦くんへと返ってくる。こんな温かいサイクルを生んでいる事が本当に嬉しい。


東北震災から早9年、来年だと10年になるという。月日というのは本当に経つのが早くて。
まだまだ仮設の皆様も多い事と思われる中、コロナとかも重なって 心労などもあるかと思われますが
東北の皆様の復興が 少しでも前進する事を願い、と 同時に失われた尊い命への鎮魂を込めて。


☆~☆~☆~

ちびっ子ガールの嬉しそうな乙女スタイル。
笑顔も自然と出ているポーズも、めちゃ可愛い。


20200311-y2-1ca.jpg


そして、ボーイも喜びMAX。ボロノフ君にしてもそうですが… 結弦くんのちびっ子からの人気はハンパない。
そら、カッチョイイもんね~ 大人がカッコイイと思う人は、当然 ちびっ子もカッコイイと思うのです。


20200311-y3-1ca.jpg


遠くの人にも 手を伸ばして。結弦くんって、ホントに こういうトコがあるんですよね。しみじみ。
私… 世界選手権 2014の大阪エキシの時、ほとんど一番上の天井席あたりで手を振ってたんですけれど
あまりに高い場所だから、立つのもちょっと高所恐怖症の人だったら ビビりそうな傾斜で
それでも 私も含めて何人かはフィナーレの周回時にスタオベして手を振っていて…
そうすると、羽生結弦選手だけが 明らかに めっちゃ上の方に向けて 手を振ってくるのが判るんですよね。


最初は気のせいかな?と思ったんですけれど、ぐる~っと回ってきて 次の周回でも やっぱり
明らかに上の方を向いて、めっちゃ上に向けて 手を振っているのが判って。ほいでもって、遠いもんだから
手旗信号的に ぱったんぱったんみたいな、お~いっ、此処やで~ みたいなペースで振ってたら
羽生結弦選手も、全く同じペースで ぱったんぱったん 俺も見てるで~ みたいに手の振り方がシンクロ。驚。


へ?っと、これまた気のせいだろうな。と思っていたら、次の周回の時にも やっぱり 上に向けて手を振る時だけ
直前までの手の振り方とペースが ガラっと変わったので、めちゃビックリした記憶。羽生結弦さん、マジ最上段あたりまで
がっつり見ていらっさいますデスね。


もちろん、顔どころか 姿すらも肉眼では米粒ぐらいだったとは思うので、個人を見てるというより
手を振ってる人を ”野鳥の会”のように笑 見て下さってるのだと思うのですけれど こんなにも上の方で手を振ってる人達にも
ちゃんと答えてくれてるのが わかって、あ… この人は 本物だ。と、あらためて思ったんですよね…


それが、羽生結弦さんという人なのです。
だから 心から信じられる。


20200311-y4-1ca.jpg


ちびっ子の素敵な笑顔。

結弦くんの笑顔、ちびっ子の笑顔、ちびっ子を見守る大人達の笑顔。其々が 守りたい、この笑顔。


20200311-y5-1ca.jpg


差し出された手が一杯。
これぞ正真正銘のスターなのである。


20200311-y6-1cca.jpg



無理に作ろうとして作ったバッタもんでは、無理。絶対に これと同じ事は起きない。
あ、あくまで フィギュアの技的に優れた選手という限定ではなく それを含めた”圧倒的オーラを持つ存在”の代替えは無理
という意味です。技においては、其々に個性ある選手は沢山いらっさいますから。


でもって、それが わからん ISU。いや、違うな。十分過ぎるほど判っているからこそ これほど焦っているのだろう…
でも、無理だよ。こんな稀有な人を その後釜を人工的に作ろうなんて はなから無謀。到底 不可能な事なのだよ。


羽生結弦さんバブル崩壊が怖くて仕方がない ISUとスケ連さん。それは今じゃなくても、いつかは避けては通れない定め。
”Yuzuru・リーマンショック”を覚悟した上で、そしてまた… いつか… ただ生まれて来るのを待つしかない。
でも、私とて生涯に 出逢えたのが 羽生結弦さん唯一人と思っているワケなので、相当に確立は低いと思いますが。
考えようによっちゃ~、それもまたロマンがあるというモノ。こう、なんか 長編映画や小説のように
生まれるべくして生まれ落ちる存在を待つ… というのも、とても素敵な事のように思えます。
なかなか生まれないからこそ、価値があるのだし 圧倒的に惹き付けられるのだから。


歴史的な戦国の世を見ても、カリスマとカリスマの狭間に 短期間 家臣どもに担がれて
かりそめ天下の座についたとて、長続きしないの ありありじゃないですか。あれと同じような。
まま、徳川はちょっとまた別かもですけど、それでもやっぱ 名や業績は残っても、家康の”存在”は越えられないのだから
つまりは、そいうこっちゃ。なのです。


羽生結弦さんは、神様が作った 特別な人。
神様が フィギュア界にプレゼントして下さった 宝物。

真剣に大切にせんと、マジで バチあたんぞっ !!

あ、でも神様が バチを当てようとしても 結弦くんは それすらも止めてしまいそうなトコがありますが。
ホント そういう人ですよね。羽生結弦さんという人は。


私は 伊藤みどりさんあたりから ずっとフィギュアファンですけれど こんなに 衝撃を受けたフィギュアスケーター
国内外を通じて、おらんかったもん。羽生結弦という人は、フィギュア界において 一つの”奇跡”。
あまりにレアなお宝ゆえ、それをめぐって色んな事に巻き込まれる事もあるだろうけれど、いや、あり過ぎるほどあったろうけど
その煌めきは決して消えはしない。仮に(理不尽な)得点的に上回ったとしても、”存在”として上回る事は出来ない。
それは不可能な事。


生まれて来てくれてありがとう。
存在してくれて 本当にありがとう。

そんな、あなたの笑顔を守りたい。
私は無力だから 唯願う事しいか出来ないけれど、どうか いつ何時までも 幸せでいてくれますように
そう願い続けています。ずっとずっと。


☆~☆~☆~
コロナの件で日々刻々と世界情勢も変わる中、3月の頭から 延々と記事を書いては消し書いては消し

モントリオール世界選手権について、やっとカナダが 中止の”検討”を始めましたけど、遅すぎるわっ!!
だけど、この際 遅くても 検討に入っただけでも 大切な第一歩。どうかどうか、良い結果に向かいますよう。


この良い結果というのが、個人的にまだわからなくて。
それで、記事が書けなかったというか…

一度だけ、リアルの事情も合わせて更新したんですが、なんかわからなくなって 10分ほどで下げてしまい。


ピーキングを合わせて 日々鍛錬を積んでおられる選手の皆様の事を思うと 競技は… どうなのだろう。
選手個人の思いがわからないから、なんとも言いようがない。

中止がいいのか、無観客試合がいいのか…
可能であるならば 少し延期が一番ベストですが 現状ではカナダも 世界も、まだ収束は厳しそうなので。


無観客試合といっても、世界中から選手やチームスタッフ、ジャッジ、大会関係者、メディアの関係者が
わんさか集まるというのも… うむむ。
選手は滑る時にマスクは出来ないのだから、そのあたりの健康上のリスクもある。


もしも、カナダとISUが どうあっても 大会と 茶番アワードを強行するのであれば…
現地観戦組様におかれましては、どうかどうか、ツライ思いは重々承知の上で 各自の自粛を検討頂きたい思い。
というか切実な願い。

この今の日本の状況下で、3000人規模の 日本人が集団で海外に出向くとか 普通に考えて無謀としか言いようがない。


先日のハンガリーでも、たった 15人の日本人旅行者ですら 疑われる症状があった為に 一時隔離・検査されてましたし。
結果的には全員が陰性でしたけど、でも 15人でもああなるワケで それが 3000人規模とか もう眩暈が。


仮にフジや諸外国のメディア映像で、観客席に映し出された マスクだらけの東洋人の姿、それを見た海外は
どう思う事だろう… 

悪いのは状況判断が欠落している ISUとスケカナやスケ連なのであって、現段階で返金が叶いそうにない中
大変な思いをしてチケットや 旅の手続きをされておられる皆様には 酷過ぎる状況ではあると思うのですけれど…
でも、ファンの皆様にとっても選手や関係者様と同様に かなりリスキーであるのは確かな事。
立場が同じではない お茶の間 TVアリーナ組としては、書くの本当に心苦しいんですが。


羽生結弦選手は こうなる前でも 普段から大気汚染のある中国などへ入国時は
がっつりと鉄壁なマスクで入国するぐらい 神経を使っておられた。今の結弦くんや お母上のお気持ちを思うと胸が一杯に。
日本におられるご家族様の事も どれほど心配しておられる事かと。


結弦くんは、当然 日本の状況など 完璧に把握しておられるはずだから…
これは、あくまで私個人の思いなので、羽生結弦選手は そんな事思わないとは思うのですが
今の日本から、大挙して押し寄せてくるマスク集団で埋め尽くされた客席や アワードのレッドカーペットを見た時
どう思われる事だろう… 遠征を予定しておられる皆様には 本当にツライだろうけれど
今回ばかりは 日本からのマスク集団ファンさんの事を 心から誇らしいファンだと… 思えるだろうか…
むしろ、ガラガラの客席の方が 誇らしいと思えるような…


今、カナダへ羽生結弦選手見たさに集団で出国したら…
それは、春節の時に大量に日本を訪れた中国の方々と同じになってしまう。
もしも、カナダや機内・ホテルでクラスターが起こったら メディアに取り上げられるのは 羽生選手の名前になってしまう。
それに なによりも 羽生選手のカラダへの影響に どうか思いを寄せて欲しい。


てか、アワードだけは 本当に論外。
あれは、完全にアウトのライブじゃ~ないか。
頼むから、やめてくれ。てか、問答無用で やめろ。
バンケット然り。


でも、オリンピックを開催したい日本としては 日本の状況が露呈するような事は避けたいかもしれませんが。
橋本聖子氏とか含めて。情けない。どうか人の心があるならば、選手の健康を とにかく第一に考えて欲しい。
そして、高額なチケットを買い 返金もどうなるかわからず不安な状態の多くの日本ファンの健康に留意して欲しい。


ちなにみ、わたくしめ… 今回ばかりは 厚生省のコロナのお問い合わせのトコに あくまで冷静な意見として
大量の日本人が、この今の日本から移動するのは あまりにも無謀過ぎるのでは…という旨はお電話しました。
『貴重なご意見をありがとうございます』とのお返事でしたけど、はたして 何処に繋がるのか。
少しでも 良い方向に良い状況になる事を願ってやみません。


これは、私個人の気持ちでした事なので、厚生省や政府のお電話番号などのリンクは貼りませんが


どんな着地点が選手の皆様にとって最良なのか、選手の皆様は中止を望んでいるのか、はたまた
無観客試合でも闘いたいと思っておられるのか… こんな状態で集中してピーキングをする事にも胸が痛む。
遠征組ファンの皆様にとっても 人によっては一生に一度の自分へのご褒美の場合もあるだろう。
だけど、何よりも大事なのはカラダの健康なのであって。だから、本当に難しい。


どうか 出来る限り最良の着地点が見いだせますよう 切に切に祈っています。
そして 今現在 闘病中の皆様が 一日も早く 回復されますよう。世界的な拡大が 少しでも食い止められて
元の生活が戻ってきますよう。


羽生結弦選手におかれましては、大変な時期だとは思いますけれど どんな方向に決まろうと
今の結弦くんにとって、ベストな調整が進んで行く事を願っています!。
GO! YUZURU !!


☆~☆~☆~
なんやかんや言いつつ、韓国やイタリアとかを見ていると… やっぱり検査を一時に大量にしてしまうと
軽症で 家で大人しく寝てたら治る人まで、怒涛に病院に押しかけて重篤な人が診れなくなったり
武漢のように、病院自体でクラスターが発生したりと 医療現場の体制が崩れてしまうので
当初は どないなっとんねん?と思っていた日本ですが、なんだか ”緩やかなカーブを描く作戦”は成功している気が。


元々が この時期インフルや花粉症などでマスクをする習慣が強い日本。至るトコに消毒アルコールが
普段でも置いてある日本。公共トイレも 人の集まる都会ほど手をかざすだけでノータッチの 手洗いが可能。
お手手も乾かしドライまでOK。
※ 追記、乾かしは 風ドライよりペーパータオルなど推奨とのこと。

そんな日本は、なかなかガンバッテるんじゃなかろうかと思って来ています。
確かに 数値は誤差があるとは思いますけれど、でも 肝心なのは重篤になる人を どれだけ抑えるかが一番大事。
と、みると 日本の のらりくらり作戦は メンタル効果としても 政府がピリピリし過ぎると 国民もビビるだろうから
マジで これはこれで アリなのか?と思って来ている私です。


でもでも。

どっかの市議さんだったかがやってましたけど、私も言っていいですか。


コロナの大バカやろぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!


(キャプチャ・GIFは、こちらのツイ動画様の お世話になりました。本当に有難うございます!。)

拍手さんを、本当に有難うございます!。いつもとっても感謝して拝読させて頂いております。
一言のお返事になってしまいますが、どうぞヨロシクお願い致しますデス!。

※ 拍手のお返事です。

to かりめろさん。
わ~Chromeから見れるようにして下さって 本当に有難うございます!。
「大好き」←めっちゃありがとうございます♡。温かいお言葉にも感謝です!。

to 美緒さん。
はじめまして。
「いつも楽しくて安心してお邪魔できる数少ないブログと思っています。」
安心して、と言って頂けるのは本当に嬉しいです。ウルル…( ;∀;)…
まま、たまに暴走した萌え萌え記事を書いてたりもしますけど。

to ミホリーさん。
「そんなのを探してる時間があったらさくさんのブログ読んでいる方がずーっと幸せ」
きゃいん。ありがとうございます~!! 泣。

to tuna猫さん。
「気持ち〇〇」←心情的には、マジこれなんですけどね…(・ω・;)…
なんか、服は違うんだけど あれ?と思うとピアスが一緒、え?と思うとスマホカバーも同じ。
はい?と思うと、ネイルが同じとか。細かいトコで人様には判らないけど、自分が気づいてしまうと
めちゃシンドイ… みたいな。 ありがとぉぉ~ございますっ!!

to フリコさん。
「不思議過ぎる」←情報の貼り付けが まとめ的に便利なのと… アンチ情報や、トラブルゴトを扱う記事が多いので
そいうトコは どうしたって人を呼ぶのですよね。有象無象が寄ってくるというか。集まる人の質は知らんが。 ←言ってもーた。
「気」←これな。読んだ後に なんか体調悪くなるみたいなの… ネット記事、あるある。ありがとう!

to yamaさん。
「やっぱり人となりが出るってことです。」私もそうは思うのですけどね… てか、そう信じたい。悶々。
「そんな自分にドンピシャ」「色んな羽生君に会えて、幸せなんです❤️」
←今は、時間的にも体力的にも前ほど沢山の結弦くんを追う事が出来ないのですけれど
でも、そんな中でも色んな結弦くんに逢える瞬間は 本当に幸せです。

to カメリアさん。
「さく様の 気持ちが 許すのなら この記事も このままに。」ちょこっとダケ、長めに置いてみました。
「記事 全てが 私にとって 愛しくすら」「何度も読み返してしまう」 ありがとぉぉ~ございます!!
めちゃウルル…( ;∀;)… 私もカメリアさんのお言葉に癒されましたデス💕
てか、たぶん褒められ過ぎてるのは判ってるんですが笑 思わず浸ってしまった どアホな私。汗

to ちかっちさん。
「考えるのが面倒だから?横着者か?」←何年も前からウチをロックオンしてるようなので…
でも、過去記事だけじゃなく最新記事の翌日に これ使うだろうな… と思って書いたら
マジで ピンポイントで使うので 流石にビビります。 それを何度もやられると。もう。…(・ω・;)…
「ストレスあると免疫も下がります。気をつけてください (・・;)」 ←うぉう。 はいっ!!

to ミホリーさん。
「化石なのは羽生くんじゃない。」「それに見合った敬意と対応を示さない、
頭の固い人たちこそが化石なんじゃ」←マジこれ。
「羽生くんはキラキラと輝き続ける、世界の宝。宝石だと思います。」ですよね。キラキラ。

to yamaさん。
「これに満点出さなくて、いつ誰に出すんだ」←ホントに、いつ出すんだよっ!!。
「匠の技。サルコーやアクセルは柔らかく、ルッツは何処から見ても豪快。」結弦くんのジャンプは
本当に”匠の技”の領域ですよね。その上で美しく 音楽にも溶け込んでいる。至極のジャンプ。
「何もないことが幸せなのだと、改めて思います。」←しみじみ。

to フリコさん。
「経済が悪化しちゃうから」←日ごとに状況が変わるから、ホントに色々と判断が大変だと思う。
でも、日本の場合 検査をしない事で緩やかなカーブを描いて医療体制をキープという点では
何気に成功しているような… このままのらりくらりやりつつ、その間に有効な薬とワクチンの開発を頼むっ!!
「こういう時って本当に心から感謝の言葉が出てくるもんですね。」←危機の時ゆえに判る事あるな。うむ。
あ、「ガラガラゴクン」やってるどぉぉ~!! ありがとう!。

to ぷう&あんのママさん。
「なんだか・・・・」「好きだったランビ様が」←これな。ランビ様… どうしちゃったのか。
「ジャンプが全然直ってないからです。」←いや、治ってない処か、確実に悪化しとるし。汗
チャレンジカップの 4S、動画が あれ?映像が飛んだ?と思って カーソル巻き戻したもん。…(・ω・;)…
それが、GOE プラスだったので 固まる。
「ジャンプの綺麗なスケーターが好きな私の個人的見解です。」←私もやしっ!!

to 幸さん。
「無理なく楽しみながら結弦くんの応援して行きましょう」ありがとうございます!。💕
  
その他の、拍手のみの皆様も 本当に有難うございます!。


☆~当方を初めてご訪問頂きました読者様へ。『初めての皆様へ』の記事はこちらになります。
→「So Sweet ★ Days - Welcome to My Blog!」