進化は止まらない。伸びしろたっぷり、世界最高得点にて首位発進。羽生結弦選手、四大陸 2020 SP”バラ1”。

うおおおっ!! …( ;∀;)… SP”バラ1”で号泣。羽生結弦選手が、韓国にて開催”四大陸 2020 SP”で プログラム変更された
『ショパン・バラード第1番』にて ご自身が持つ世界最高得点を更新する 111.82点をマークして首位発進!。
羽生結弦さんの進化は止まらない。後のインタでも 『まだ改善点はある』と おっさってた結弦くん。
もうもうっ、四大陸のバラ1も完璧に素晴らしかったですが、さらに進化しそうな伸びしろありあり。めちゃ楽しみです!。
結弦くん、SP歴代世界最高得点更新と スモメダ金メダル 本当におめでとうございますっ!!。
この調子キープで FS”SEIMEI”も 良い調整が出来ますように!。 跳べっ!! YUZURU!!

 
20200207-yy1-1a-ca.jpg

No reproduction or republication without written permission.
(Immagine Gif e Photo collage di questo blog e vietata Tutti i diritti riservati.
Se si desidera pubblicare, si prega di mettere il link fonte originale.)



         z-4cc2020-sp-f1-sl-xxsat6-1-cop.gif




※ 当方のキャプチャ・GIFの、ツイ・ブログ記事への転載・転用・コラージュの再加工、及び
商用利用等は 何卒ご遠慮下さい。個人で保存して ご自身で お楽しみ頂けるのは 大歓迎です。



冒頭の4Sが決まった時から すでに号泣状態の私。 MY プーさん抱きしめて 画面に向かって
『できるっ、デキルっ、出来るっ!!』 とティッシュで涙ふきふきしながら 怒涛の連呼。
演技直後は鼻水ぶしゅっ。←こら。

だってあまりも美しい バラ1だったもんで。
まだ感動で胸が一杯。…( ;∀;)…

こんなにも美しいプログラムを見せて下さって、結弦くん 本当に有難うございます!。
つくづく思います。これが ”フィギュアスケート”なのだと。私が見たいフィギュアスケートは これなのです。

芸術点というモノが存在する限り、何処までも スポーツと芸術の融合であるのが フィギュアスケートの醍醐味だと
あらためて感じさせてくれた 羽生結弦選手の 四大陸 ショパン・バラード第1番。


20200207-yy1-1a.jpg



20200207-yy2-1a.jpg



20200207-yy2-1a-ca.jpg




           z-4cc2020-sp-f1-sl-xxxsat6-cop.gif




麗しの ゆづバラ1王子、降臨。


20200207-yy22.jpg



20200207-yy22-ll.jpg
読売新聞写真部



”Live News α”で流れていた 演技直後のインタの そのまた後に 単独インタっぽい映像が流れてましたが
そこで結弦くんが

久しぶりに、スケートをやっていて良かったと思えました。

みたいなお言葉で、嬉しそうな笑顔をしておられたのが 見ていて 本当に嬉しかった。
結弦くんが愛してやまない フィギュアスケート。沢山の幸せを捨てて… 血の滲むような日々の努力の積み重ね。
それでもやっぱり スケートをやっていて良かったと思えた結弦くん。

その気持ちが戻ってきて、泣けるほど嬉しいです。
…( ;∀;)…


20200207-yy5ca.jpg


前述の スケートが楽しいと思えたとおっさった結弦くん。後に続けたお言葉が
正確な言葉ではないのですけれど、

”でもそれは、アイスショーとかで 難度を落とした構成では味わえないもので 競技で闘って
得点がついて採点されるからこそ得られる気持ちなんだと思うんですよね。”

といった内容の事を おっさっていたので やっぱ結弦くんは プル様もインスタで言われていたように

真の戦士” なのだと。


なんて美しい戦士。


20200207-yy17.jpg
sponichitokyophoto
<四大陸選手権第2日>6分間練習をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)



でも、この目を見たら、やっぱり めちゃ戦士。  


20200207-yy20.jpg
sponichitokyophoto
<四大陸選手権第2日>6分間練習をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)



衣装が ちびっとマイナーチェンジされてましたね。

色合いが グラデに少し グリーンみが入った感じで、襟元スタンドカラーにも グリーンや黄色のビジューが。
お首元のキラキラなゴールドが、少し増えてるような。縁起が良いデス。

それでいて、お袖部分が 滑っている時に ヒラヒラとエアリーで めちゃ美しい。
 

20200207-yy19.jpg
sponichitokyophoto
<四大陸選手権第2日>男子SP、首位発進の羽生結弦(撮影・小海途 良幹)



☆~☆~☆~
冒頭の結弦くん。なんか、個人的には 平昌のSPぐらいの ドチドチ感が。

五輪は最高峰の戦いですが、結弦くんにとって この四大陸が 本当に大切な闘いだと想えたから。
今まで、四大陸を見ていて こんなに ドチドチした事なかった気がするのですけれど
でも、他の選手の皆様も 結弦くんに引っ張られている?というか… 全体的なグレードが高い!。


とりわけ後半の選手は ほぼ全員がSPノーミスという ハイグレードな闘い。
こんな見応えある 四大陸も ひっさびさな気が。なんというか… 出てる選手が 其々に自分の最高の演技に近いモノが
出来ていたようで。それもこれも、やっぱ 羽生結弦という選手が、沢山の想いを持って出場しているからこそ
周囲をも 引き上げた気がしています。


ご自身だけでなく、周りをも ぐいっと引き上げるのが 本当に強い人の証。

羽生結弦さん、流石っす。


20200207-yy3ca.jpg



20200207-yy4ca.jpg


いつものルーティン。
ぷーさんの受難。目つぶし炸裂。

むぎゅ。 でも、プー隊長は どんと来いっ!!

20200207-yy6ca.jpg


☆~☆~☆~
エレメンツの全てが パーフェクトでしたけど、ジャンプから。

冒頭の 4S。美しいにほ程があるほど美しい。
そして、ジャンプそのものは元より、羽生結弦さんの真骨頂とも言える 前後の素晴らしさよ。
入りも高難度なら 着氷も曲と一体化。

完璧にジャンプが 曲と融合している 神ジャンプ。

ちびっとGIFでは、前後を長くしたかったので 画質は劣化ギミです。




          z-4cc2020-sp-4s-sat6-8-cop.gif




イーグルサンド4Sも 4T3Tも カウンター3Aも
GOE加点が 『4』と『5』。

壮観である。てか、あれだけ高難度な入りで あれほど美しい 美ジャンプ。当然なのだ。
これに GPFトリノみたいな アホな GOEつけたら ジャッジの 本質を問いたくなるトコでしたが、
四大陸では ほぼ正当なジャッジがなされて嬉しいです。個人的には、もう少しでてもいいとは思いますけど。

てか、あんな綺麗なジャンプ 下げれるワケがなかろうて。どっからど~見ても 満点ジャンプやし。


本田さんも ”Live News α” にて、全部のジャンプが 文句のつけようがない満点ジャンプ。
と、おっさって下さってましたよね!。あっとゆ~間に終わってしまった。とも。
本当に、羽生結弦選手の”バラ1”は エレメンツの素晴らしさはもとより 冒頭から 観る者を がしっと
鷲掴みにして プログラムの世界に引き込んでしまう…
そんな 圧倒的なオーラがあるプロ。


お時間がなくて、GIFは 4Sしか作れてないのですが また後で もしかしたら GIFを追加しているかもです。


StSq、スピン、コレオも全てが レベル4。
もち GOEもプラス加点。

ISU Four Continents Figure Skating Championships 2020
MEN SHORT PROGRAM
JUDGES DETAILS PER SKATER


20200207-yy12.jpg



個人的に、”バラ1”で お首の後ろに腕を回す振り付けのトコが めちゃ大好きなのですが
演技動画様では ちょっと引き映像過ぎて 判り難くて。フジの” Live News α” で、少し寄った映像があったので
また出逢えたならば ちょきちょきしたいな。


20200207-yy18.jpg
sponichitokyophoto
<四大陸選手権第2日>男子SP、演技をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)



20200207-yy23-ll-1c.jpg



20200207-yy23-ll-1.jpg
読売新聞写真部


ドヤってる ゆづバラ1王子も、健在。

どや。

20200207-yy24c.jpg
読売新聞写真部


☆~☆~☆~
演技を終えてリンクサイドに戻って来られた結弦くん。
昨年末は 本当に色々とあったから
気苦労が絶えない。何処まで 気遣いの人。

色んな事を言われるのも判っているだろうけれど、それでもやるのが羽生結弦さん。

結弦くんの場合は、規格外に人気がある選手なので… 他と一緒に考える事は難しい。


20200207-yy7c.jpg



私の見間違い?でなければ、女子の時 紀平梨花選手が演技を終えて バックヤードを歩いていた映像で
スケ連の伊東氏が 梨花ちゃんの後ろにいたような。でもって、リンクに投げ込まれたお花と ラップされた
ピンクのぬいぐるみを両手に持って、ニコニコ笑顔で お花を渡してから ぬいぐるみも渡そうとされてたような。
あれ、伊東氏だったと思いますが、あまりに全日本と言ってる事とやってる事が真反対だったので
別人?かもしれませんけど。でも、もし、そうだったら 笑うしかないのですが。

え。他人の空似だったのかい?…(・∀・;)…

プレゼント、少しだったら OKで、沢山の選手が ダメとか 普通におかしいだろ。
それに、男子のフィギュアは 散々ジャンプ 跳びまくってるリンクなのだから
ちびっ子のよちよち拾いとかで 傷ついたりなんかせんわい。製氷スタッフさんにも失礼だぞ。

もちろん、羽生結弦選手ほどの技術になると この時も最小限のスケーティングで滑られてるのは判り切った事だし。


デイリーさんは、なんか… 全日本の時も この件に関して なんだかビミョな記事を上げる気がしますけど
スポニチさんは ホントに優しい記事。でもって、ジェイソンんくんの 優しいコメントを掲載。
ジェイソン君、ありがとう!。


◆ ブラウンがSP3位“プーさんシャワー”に「とってもエキサイティング!」、スポニチアネックス

(略)ブラウンの1人前に滑ったのは、同じブライアン・オーサー・コーチに師事する羽生結弦(ANA)で、羽生の演技後はくまのプーさんのぬいぐるみがリンクに大量に降り注いだ。羽生もぬいぐるみを拾ったり、拾いやすいように壁際に寄せたりとフラワーガールを手伝った。

 熱狂の余韻が冷めない中、ブラウンは好演技を披露。競技後の会見では、「プーさんがいたるところにあって、とってもエキサイティング!すごい経験だったよ。ユヅルの後に滑るのは初めてだったから」と笑みを浮かべていた。



スモメダの結弦くんと ボーちゃんとジェイソン君。
上がってくるだろうな…という 3名様ですね!。スモメダ獲得 本当におめでとうございます!。
続く キーガン選手や 友野選手、鍵山くんも FSが楽しみ。


20200207-yy21.jpg
SPを終え並ぶ(左から)金博洋、羽生結弦、ジェイソン・ブラウン(撮影・小海途良幹)


読売新聞写真部さんのツイ。
コメントが めちゃ優しい。泣ける。
ウルル…( ;∀;)…

やっぱ、結弦くん 報道現場スタッフさんに愛されてます。



こちらのお言葉も、めちゃ温かい。




ホントに、再演という言葉など到底似合わない。
新生 ショパン・バラード第1番。


☆~☆~☆~
キスクラの結弦くん。

ほっとされたお顔。かわゆい。


20200207-yy8ca.jpg


やっぱキスクラは、この3名様と 1匹が似合う。
厳しい戦いの後、この ほっこり感は 癒し。


20200207-yy9ca.jpg


結弦くん、プーさんのお耳を むにむに。可愛い。


20200207-yy10ca.jpg


スコアが出て瞬間、ほっとしたように胸に手を当てた後 3人とも結構な キリリとしたお顔。
世界最高得点が出ても この雰囲気。いい感じで、気合が入ってますデスね!。

Live News α だったか、後のインタだったか どっちかこんがらがってますが
結弦くん… 112点を目標にされてたっぽいので
まだまだ、こんなもんじゃ~ねぇぇ~ぞっ!! 見とけ世界っ!!
な想いが 伝わってくるような。


20200207-yy11ca.jpg


☆~☆~☆~
インタを受けておられる結弦くん。

小海途神のベストショット。めちゃ素敵。


20200207-yy16c.jpg


横顔が、美しい。

ほわほわに、小海途さんの愛が詰まってる。


20200207-yy16.jpg
sponichitokyophoto
<四大陸選手権第2日>男子SP、首位発進の羽生結弦は会見で穏やかな表情を見せる(撮影・小海途 良幹)



http://www.isuresults.com/results/season1920/fc2020/SEG001.htm
20200207-yy13.jpg


http://www.isuresults.com/results/season1920/fc2020/CAT001RS.htm
20200207-yy15.jpg


なんとなんと、ISUのジャッジ表から
ジャッジの”国旗マーク”が消えましたデス…(・∀・;)…
なんか、思い当たる節でもあるんですかね。

よっぽど GPFトリノ大会でやらかしたと思っているのだろうか。
どういう経緯で この度の四大陸から ジャッジの国マークが全て”ISU”表記に変わったのかは別として
表記を統一して国が判り難くしたという事は、何某かの自覚があるのと、何某かの力が働いているのダケは確かなような。


結弦くんが プログラムを戻された事、本当に どれほどの勇気がいった事かと思われるのですが
何かが良い方向に変わって行く事を 正しいジャッジがなされますよう、切に切に願ってやみません。


Men - Short Program Panel of Judges
20200207-yy14.jpg


メディア記事も 少しだけペタリ。


◆ 羽生結弦、SPで世界最高111.82点! 四大陸初Vへ五輪金の伝説プログラム披露、スポニチアネックス

 フィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・ソウル)は7日に男子ショートプログラム(SP)が行われ、4度目の出場で初優勝を狙う羽生結弦(25=ANA)は、自身が持つ世界最高得点を更新する111.82点をマークした。フリーは9日に行われる。

 今大会から五輪2連覇を達成した平昌五輪の演目に変更した羽生。SPは「バラード第1番」の旋律に乗って滑走した。冒頭の4回転サルコーを鮮やかに決めると、4回転―3回転の連続トーループに成功。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)もきっちり決めた。スピン、ステップもオールレベル4と圧巻の内容だった。

 四大陸選手権は過去3度出場し11、13、17年と全て2位。9日のフリーでは名プログラム「SEIMEI」の新バージョンで主要国際大会の完全制覇を目指す。

 ▽四大陸選手権 欧州を除く国と地域で争う大会。大会名はアジア、アメリカ、オセアニア、アフリカの大陸を指す。1998~99年シーズンから毎年開催。韓国では3年ぶり7度目の開催。



スポニチさんの記事。

『全てのジャンプに驚異的な出来栄え点がつけられ、もちろんスピン、ステップもオールレベル4。演技構成点も、すべての項目で9.5点以上をそろえた。』

というのが、めちゃ嬉しい。
前述の本田さんのお言葉どおり ”文句のつけようのないジャンプでした” なのですよね。

しかも、羽生結弦さんは この世界最得点と供に

あの時間、あの空間を
現地と 映像越しと両方で支配して

観る者を 圧倒的に魅了した
というトコが 最大のポイント。

(銀河点な世界最高得点が出ても、ほとんどのエレメンツが記憶に残らない演技とか…
やっぱ、どうなんだい?と あらためて トリノのジャッジにモノも押したいトコではありますが。
モゴモゴ。 )

私は、この四大陸 2020 の”バラ1”は、ニースのロミオ様、ソチや 中国杯 2014、ワールドのホプレガ、平昌と並ぶぐらい
心に刻まれた バラ1となっています。

もち、他にもテンコ盛りで 大好きな演技はありますが。

国別の、BYE-BYE ファントム様も入れておこうかな。 あ、もうキリがない。…(^^ゞ…
羽生結弦さんの演技は その全てが、別格の一期一会。


◆ 羽生 世界最高発進「久しぶりに納得できるSP」フリーは「あさってだけのSEIMEIを」、スポニチアネックス

 フィギュアスケートの四大陸選手権(韓国・ソウル)は7日に男子ショートプログラム(SP)が行われ、4度目の出場で初優勝を狙う男子の羽生結弦(ANA)は完璧な演技で自身の持つ世界最高点を更新する111・82点をマークしトップに立った。

 五輪2連覇を達成した18年平昌大会以来となる「バラード第1番」を華麗に舞った。4回転サルコーは4.43点、4回転―3回転の連続トーループは4.21点、3回転半は3.77点と全てのジャンプに驚異的な出来栄え点がつけられ、もちろんスピン、ステップもオールレベル4。演技構成点も、すべての項目で9.5点以上をそろえた。

 18年11月のGPロシア杯で出した110・53点を更新する圧巻の演技に、得点が発表されると何度もうなずいた。演技後、羽生は「なんか、久しぶりに納得できるSPができたな、と思っています」と語り、世界最高点であることを知らされると「そうだったんですね」と言いながらも「とりえず、112点を目指して、まだまだコンポーネンツだったり上げられる点数が多分あると思うので、しっかりいい演技をしながら、いろんな質を上げていけたらいいと思います」と語り、「衣装もちょっとした変更があって、こういうこともまた今回改めて楽しんでいただけたらな、と思っていましたし、何より皆さんの前でいい演技がしたいという思いが強かった」とファンに感謝した。

 95.83点を出した2位の金博洋(22=中国)に5.99点差をつけて臨む9日のフリーに向けては「今日やるべきことはやったと思うので、またあしたしっかり休んで、あさっては、あさっての気持ちで、あさってだけの『SEIMEI』をやりたい」と意気込んだ。


◆ 羽生結弦、歴代世界最高得点でSP1位発進…今大会Vなら男子で世界初「スーパースラム」達成、スポーツ報知


☆~☆~☆~
友野選手、ノーミスで 気合が感じられる演技。鍵山選手は、膝が柔らかくて ちょっと織田くんみたいな
ソフトな着氷をされますよね。スピンも丁寧で綺麗。これからもっとジャンプの種類が増えたら また楽しみに。
引き続き、FS ガンバッテ欲しいです!。

女子も FS、思いっきり ご自身の力が出せますように。紀平選手 4Sトライされるのかな。
靴の調子も良さそうだから イケるものなら ワールドの為に備えて ガツンと行って欲しい。
GO! JAPAN !!


羽生結弦選手におかれましては、
SPでつかんだ感覚を いい具合にFSに ぶち込めますよう。一晩ゆっくり寝て疲れをとってから
さらに良い調整が出来る事を願っています!。

新生 ハイパー・SEIMEI の ゆづ晴明様にお逢い出来るのを、めっちゃんこ楽しみに!。
わっきゅわきゅ。

GO! YUZURU!

跳べっ!! YUZURU !!

かっとばっせ~ ゆっづっるっ!! せいっ!!
かっき~んっ!!。


☆~☆~☆~
Live NEWS α だったか、競技中に差し込まれていた映像だったかで
全日本後インタの 初見らしき部分があったような…
結弦くんが、昌磨くんの事を 『昌磨は昌磨のままで 何も変わってなくて ”僕は、まだ ゆづ君”でいてもいいのかな…
と、思ったりしました。』
みたいな事をおっしゃってたかと。

そんな。結弦さんってば。…( ;∀;)…

どんだけ、優しい人なんだよ。
競技では強い人ではあるけれど、人としては優し過ぎるトコがある 結弦くん。
もうちっと 図太くなってもいいんだよ。
でも、こんなのを聞くと やっぱ選手同士は… 選手同士にしかない絆があるんだろうな…と。
大人の思惑で 安易にメディアが割って入らないで欲しいと 心から願わずにはおれん。


(キャプチャ・GIFは、こちらの動画様の お世話になりました。本当に有難うございます!。)

大会が無事に進みますよう、選手の皆様、チーム、現地観戦組の皆様や運営スタッフ、メディアの皆様が
健康でありますように。

コロナで闘病中の皆様が、一日も早く 元気になられますよう。少しでも早い世界的な収束を迎えられますよう
切にお祈りしております。


拍手さんを、本当に有難うございます!。いつもとっても感謝して拝読させて頂いております。
一言のお返事になってしまいますが どうぞヨロシクお願い致しますデス!。

※ 拍手のお返事です。

to ミホリーさん。
新バラ1、衣装もちびっとチェンジで 演技はもうもうっ、素晴らしかったですよね!!
めちゃ号泣。…( ;∀;)… 流石の羽生結弦さん。結弦くんとオーサーコーチの選択の
勇気ある選択に 心からの敬意を。

to フリコさん。
紀平ちゃん良かったよね!。FSで4Sが決まる事を願うっ。
「バラ1はゆじゅるくんが内に秘めた感情、SEIMEIは外へ向かって闘うイメージ」
おお、そんな感じあるある。てか、SP めちゃ素晴らしかった!泣。ウルル…( ;∀;)…

to yamaさん。
「やっぱり、あなたは別格です。」ですね。あらためて、そう感じました。感涙。
「このクオリティで満点が付かないのはちょっと意外でしたが、羽生結弦はこんなレベルじゃないだろ、
と思ってしまうんですよねー!罪な男です。」いや、ホント。112点まで、あと ”0.18”やしっ!!

to カメリアさん。
「感激で 言葉が見つからないまま」わっかります~っ!! 感動で胸が一杯。あう。…( ;∀;)… 
「画面を 見つめ 暫し固まって独り言を 言い続ける 怪しい人」←爆。
「改善できるところ」「四大陸史上最高のSP」「別格の演技✨もっと高い点数(モニョモニョ)」
←もにょもにょ分は スケートの神様が SEIMEIの為にとってあると信じてますデス!♡。

その他の拍手のみの皆様も、本当に有難うございます!。


☆~当方を初めてご訪問頂きました読者様へ。『初めての皆様へ』の記事はこちらになります。
→「So Sweet ★ Days - Welcome to My Blog!」