真の戦士。祝・銀メダル&25歳のお誕生日!。羽生結弦選手、GPF 2019 FS”Origin”。

誰がなんといっても 世界で一番美しいプログラムを滑って下さったのは 羽生結弦さん。間違いない。
得点?なんじゃいそら。食えるのか。首をひねりたくなるような得点とか 私にとってはもはや意味をなさん。
GPF 2019 トリノ大会FS 羽生結弦選手の”Origin”は、また私にとって 忘れられないかけがえのない宝物になりました。
結弦くん、力の限り 全身全霊で滑って下さったオリジン、途中から涙で画面が滲むもんだから ティシュで
ふきふきしながら見てました。あまりも熱く 心震える演技。やっぱりあなたが 私にとっての NO.1。
そして 色んなトラブルがあった大会にも関わらず、がっつり 美しい 4Lo と 4Lzを決めて下さって。感涙。
もう あの冒頭 2本のジャンプだけで、どれほどの感動をもらえた事か。結弦くんに心からの感謝を。
でもって、 結弦くん的には 色んな想いがあるかもですが  銀メダル 本当におめでとうございます!。


20191207-yyo1-1a-2ca.jpg

No reproduction or republication without written permission.
(Immagine Gif e Photo collage di questo blog e vietata Tutti i diritti riservati.
Se si desidera pubblicare, si prega di mettere il link fonte originale.)



         z-gpf-tri-fs-t-ssat6gg-1-t10.gif




20191207-yyo7.jpg


※ 当方のキャプチャ・GIFの、ツイ・ブログ記事への転載・転用・コラージュの再加工、及び
商用利用等は 何卒ご遠慮下さい。個人で保存して ご自身で お楽しみ頂けるのは 大歓迎です。



羽生結弦選手のトリノ『Origin』は、これからの進化を楽しみにさせて下さるような 本当に熱い魂の演技。
構成自体も クワド 5本 しかもコンボは後半という 超高難度なモノに。それを本番で あそこまで形にされた事が凄い。
SPの挽回の為、まだ 詰めてない部分も多々ある中での 構成バージョンアップ。 五輪連覇して尚 進化を続ける結弦くん。
冒頭 4Lo と 4Lzを決めた事と、クワド 5本を成功させた事は なによりもの大収穫!。


結弦くんこそ、真の戦士。そして 戦士でありながらも 限りなく芸術性の高いプログラムを見せて&魅せて下さる。
この両方を同時に兼ね備えたフィギュアスケーターは、唯一無二。羽生結弦さん only。
存在して下さって 本当にありがとう。


手だけでも 語るよ。羽生結弦さんは。

20191207-yyo17ca.jpg



20191207-yyo1-1a.jpg


美し過ぎる戦士。

20191207-yyo1-1a-3ca.jpg



20191207-yyo3-1aaa.jpg



20191207-yyo6-1a.jpg


☆~☆~☆~
FSで初めて クワド4種類 5本を入れた滑り、インタでもおっさってましたが、まだこの構成での滑り込みは
されていらっさらなかったとの事だから 演技直後は 決めポーズも ガクっとなる感じでしたが
でも… その全てが はやり羽生結弦さんの滑りこそ 一番だと あらためて思わせてくれました。


20191207-yyo8ca.jpg



20191207-yyo9cca.jpg


あう。…( ;∀;)…
結弦くん 本当に素晴らしい『Origin』でした!。泣。


メディアの素敵なお写真も。カッチョええ。

20191207-yyo20.jpg
sponichitokyophoto
<グランプリファイナル第3日>男子フリー、演技をする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)



何処を切り取っても美麗に尽きる。
絵になる男 それが羽生結弦さん。ただ、絵になるダケじゃなく 骨の髄まで 戦士なトコに惚れる。


20191207-yyo10ca.jpg



20191207-yyo11ca.jpg



20191207-yyo12ca.jpg




       z-gpf-tri-fs-3-ssat6g-t6-9.gif




威風堂々。やれるもんならやってみろ。
受けた立つぞ、邪なジャッジ。今回ばかりは 私もかなりのご立腹。かかってこんかいっ!!。
正義は必ず勝つ。


20191207-yyo14ca.jpg



20191207-yyo15ca.jpg



20191207-yyo16ca.jpg




        z-gpf-tri-fs-1-ssat6g-1-t6-10.gif





でも、流石の羽生結弦さんでも後半は ちょっとヘロヘロ状態。そらそ~ですよね。

あれほどの鬼構成。トロントにて練習はされてたとは思いますが、それでもほぼ ぶっつけに近い変更。
4Lzに関しては 気持ちの問題もあったでしょうし、相当にシンドイ FSだったかも。

ラストの 3A3ASEQが 抜けた時 ちょっと結弦くんのお顔に笑みが。
だけど… 笑顔が出るということは、それよりも 冒頭の 4Loと 4Lzの成功と クワド 5本が決まった事の方が
気持ち的には大きかったのかと。実際、今後にとって大収穫ですし。


20191207-yyo13ca.jpg


☆~☆~☆~
さて、此処からが本番なのだ。
冒頭の ま~べらす 4Lo。これは GOE加点も『4.05』と 高評価。
本当に綺麗に決まった 4Loでしたよね~

ブリアンコーチも、ガッツポーズ。




         z-gpf-tri-fs-4lo-ssat6ggg-t6-9op.gif



続く 4Lz。どっからど~見ても 完璧な美ルッツ。
踏切から高さ 幅、これはスロモですが ノーマルタイムで見る回転速度も 超・高速 美回転。
これに GOE 『1』をつける オーストリアジャッジ。目は節穴なのか。



         z-gpf-tri-fs-4lz-front-ssat6ggggg-1-t6-9.gif




ちょっと GIFは時間がなくて作れてないのですが、オーストリアジャッジもアレですが
個人的に ゴゴゴゴ… となっているのは、5番のジャッジ。悲しいかな日本という。
結弦くんの 美しい 4Sに なんと『1』をつけた 日本のジャッジ。今回の日本のジャッジは総合的にも
オーストリアの次に 低いジャッジをつけていらっさる。長光さん系列のジャッジさんだそうですが
その目は確かですか。と、言いたい。私は 陰謀論や スケ連関係のごちゃごちゃとか
心底 大嫌いなお花畑の人間ですけれど、これは流石に目に余る。


ネイサン選手の す~っと めちゃくちゃ助走の長かった 3Aに プラス 5つけるジャッジもいるし
もう… そら 入りは関係ないとルールになったとはいえ、どうなんだい。モゴモゴ過ぎるぞ邪なジャッジ。


そして、我慢ならんのが PCS。

TESは 確かに ルールが変わっているので 一歩引きさがってみるとして…
ネイサン選手の ノーミスの安定感は 今のルールに合致しているのだろう…と 自分に言いきかせましたが
この PCSだけは 納得できん!!。


・Skating Skills
・Transitions
・Performance
・Composition
・Interpretation of the Music


この全てにおいて、羽生結弦選手よりも ネイサン選手の方が得点が高いとは、片腹痛いのを通り越し
どっからど~見ても、おかし過ぎるだろ。

ちょっくら辛口行くけど、ネイサン選手 ごめんね。

ジャンプの精度は 心から凄いと思ってます。だけど、衣装もペラペラの 大学生が部屋着かパジャマにしていても
おかしくないぐらいの衣装。技のつなぎも ジャンプ前が す~っとなので、全体的にも す~っとが多く
そのジャンプが終わった途端に 唐突に明るめのダンスが始まる構成。それで 羽生結弦選手の
音のひとつひとつを拾い上げ、手寧な振り付けを施されたプログラムと比べて
全ての PCSが高いとは やっぱり到底 思えない。


なによりも、技の繋ぎがあれほど高難度を可能にする 技術を備えた羽生結弦選手の滑りで
『Skating Skills』が ネイサン選手よりも下とは、流石に 拳を握り締め ぐぬぬ…となりつつも
そっと下げました。が、でも 記事には書いておきます。
だって、あまりにも おかし過ぎるから。


パトリックや ハビさんとの戦いで PCSが 結弦くんの方が下になってた時は 演技を見ていても
うむうむ… と、悔しいながらも納得出来ました。でも ネイサン選手との PCS差は 明らかにおかしい。
と、私個人は思っています。

誰がなんと言おうと、これは譲れない。


羽生結弦選手の FS『Origin』、確かに後半には疲れが出てましたけれど それでも あれほど綺麗な 4Loと 4Lzを決め
4種類のクワド 5本を成功させて、技の繋ぎだって 今回に限っては あくまで羽生結弦さん比で抜けている部分もある…
とはいえ、他選手と比べると 圧巻の超・高難度。それで、あのFSが 200点を越えないとか ありえんだろっ!!。

日本のジャッジさん、マイク向けられたとして、 なぜ あの 4Sに 『1』をつけたのか説明できるのか。
その他の部分も含め、マイクを向けてみたいです。


どんな時も 日本を大事に想い、国旗も大切に扱って 下に置くなんて もっての他で
優勝した時には 『君が代』を 心を込めて歌っている選手、 66年振りの五輪連覇を果たした選手
GPFだって 4連覇している選手。その選手に対して なぜ? 此処までの仕打ちをするのか。
理解に苦しむ。何の利益があるというのだろう。

枠取り、誰にしてもらって来たのか?と言いたい。


それでも、羽生結弦選手は 己を磨く事を 唯それだけを 決意されていらっさる。
結弦くん 負けるな。プル様も お誕生日のインスタにておっさってたぞ!。

真の戦士だと。
でもって、NEVER GIVE UP!! とも。
 



そして結弦くんのお言葉の抜粋。

羽生結弦選手

「もちろんトランジションの部分は4回転5本にしてルッツ入れて、抜けている部分はある。
滑り込んで全部(つなぎも含めて)跳べるようにしたい。

それができてこそのフィギュアスケート。
ジャンプ大会ではないので


とプログラム全体としての完成を目指すとした。


…( ;∀;)… 流石の羽生結弦さん。シビレる。


ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2019
MEN FREE SKATING
JUDGES DETAILS PER SKATER

20191207-yy1.jpg


ネイサン選手 個人には申し訳ない気持ちもありますが…
やっぱ 全体的に見て GOEと PCSは盛り過ぎとしか思えない…


20191207-yyo18.jpg



オーストリアジャッジと イタリアが色々言われてたみたいですけど、個人的には やっぱ
日本のジャッジの方が 気持ち的には 憤懣やるかたない思い。

羽生結弦選手がいないと、今の日本で どうやって 枠取りするの?と言いたい状況で どれだけ高飛車。
私は 何をしてあげたらいいのか どうやったら この状況が好転するのか…
何もしてあげられないから 唯 こうして記事を書いてます。


こんな秘境で書いても 何も変わらないのはわかってますが、でも 真の結弦くんの実力は こんな得点じゃない。
ほんの少しでも 誰かに届けば。そして 何かが変わる事を 心から願って。


http://www.isuresults.com/results/season1920/gpf1920/SEG002OF.htm
20191207-yy4.jpg


メディアインタでの結弦くんのお言葉を見ていると…
結弦くん ホントに 何もかも 全部わかってるんだろうな…と、しみじみ思います。
それでも ご自分を磨けばよいのだと、そう決意されてる結弦くん。


だけど、今回はSPの事もあって 点数差が出てますけれど… SPが上手くいって 尚且つ
今回の構成で さらによい調整が出来たとしたら この点数差は そんなに びっくりするような点数差ではないと
私も思ってはいます。他の選手にとっては すごい点数差のように見えるかもですが
コト、羽生結弦さんにとっては さほど… という気がしています。なので これからの進化が ますます楽しみに。


◆ 羽生、43・87点差は「点数ほど大きくない」完成度への矜持「ジャンプ大会ではない」、デイリー


” 「フィギュアスケート・GPファイナル」(7日、トリノ)

 男子フリーが行われ、SPトップのネーサン・チェン(米国)が同2位の羽生結弦(ANA)を抑え、大会3連覇を達成した。合計点で43・87点差と数字の上では大差をつけられ2位となった羽生だが、試合後は「点数ほど(差は)大きくないなと思っている」と自信をみなぎらせていた。

 冷静に自分の演技を羽生は振り返った。「まあこんなもんだろうと思ってました。(4回転)ルッツ跳べてますし、ループも跳べてるから、4回転も後半3本入れてるので印象は強いけど、実際点数とれているのは少ない。まあこんなもんですね」。その上で、ライバルのチェンが見せた完ぺきな演技に、「多分こうやって挑戦しきるというのができたのは、ネーサンがああいう演技をしてくれたから」と感謝した。

 4種5本の4回転ジャンプだけをみればすべてを着氷させた。さらに、羽生としては今後さらに上積みができる伸びしろを感じているようだ。まず、前半にループ、ルッツ、サルコーの4回転を単独で跳び、後半に4回転トーループ2本からのものを含む連続ジャンプを配置した今回の構成は「滑り込んでいるわけではないので」と発展途上とした。最後の3回転半のシークエンスジャンプは単独1回転半となりほとんど得点を得られなかったが、「ジャストタイヤード」と疲れによるものと表現した。

 成功したルッツも「やっぱりセットポジションが長いですし、もっともっと(良いものが跳べる)」と導入のステップなどジャンプへの入り方、つなぎに改善点があると語った。「この構成で滑り込みができて、またつらい練習ができると思うと、ちょっとワクワクしてます」と心境を語り、「もちろんトランジションの部分は4回転5本にしてルッツ入れて、抜けている部分はある。滑り込んで全部(つなぎも含めて)跳べるようにしたい。それができてこそのフィギュアスケート。ジャンプ大会ではないので」とプログラム全体としての完成を目指すとした。

 「ルッツ(GOEで3・94点)、ループ(同4・05点)は加点ももらえている。あとは綺麗におりるだけ。思ったよりも差は感じていない」と今大会で自信を深めた様子。「SPでも、もっとループとか確率良くなってくれば入れる可能性もある。いろいろまた楽しみながら強くなっていきたい。全日本までは無理ですけど。全日本はたぶんまた調整して、いっぱいいっぱいだと思うので。点差はすごいですけど、自分もこういう風に点差をつけて勝ったこともありますけど、今回の点差は自分が思っているより遠くない」と重ねた。”



☆~☆~☆~
プル様のインスタ。演技に対する応援と お誕生日お祝いの 本当に嬉しい投稿が。
やっぱプル様 ダントツ頼もしくて 温かい。
泣ける。…( ;∀;)…

always with you

離れていても、いつだってプル様は 結弦くんと供に。


plushenkoofficial

Today you fight like real worrier,never give up,keep pushing, and go to your dream.Happy birthday my dear friend, Yuzu,be healthy,and let your dreams come trough,always with you 💪🏻💪🏻💪🏻






☆~☆~☆~
キスクラも少し。可愛い結弦くんやプーさん、ブリアンコーチとの様子とかも沢山ありましたけど
ちょっと やっぱ スコアが出た時の結弦くんのお顔が忘れられないというか。
その気持ちを、ちゃんと受け止めてあげたいと思って。


20191207-yyo26Ca.jpg


待ってる時間が 長かったですよね。オータムもそうでしたけど、待たされる時って…
オータムのシリアスエラーみたいに、厳しいジャッジが多いような…


正直なトコ、後半疲れが出たとはいえ あれほど綺麗な 4Loと 4Lzを決め さらに 4Sも美しく決めて
それで このスコアとは 結弦くんも 流石に此処までとは?と思われたのではと…
私も スコアが出た時 えっ!!…(・ω・;)… となりましたし。


20191207-yyo31C.jpg


結弦くん、悔しかっただろうな。
一瞬だけ顔をしかめた結弦くん。でも本心な気が。

20191207-yyo27Ca.jpg


でも、それでも すぐに気落ちを切り替えて 前を向いてる印象で。
スケートの神様。見てる?…( ;∀;)…


20191207-yyo30Ca.jpg



キスクラでは フラワーガールちゃんがケーキを持って来られてたの 結弦くん お断りされてましたね。
ままま、そらそ~ですな。


サタステさんでは、恒例の朝日さんからのケーキプレゼントが。
荒川様が 25歳になった結弦くんに 淡いブルーの 少し大人っぽい雰囲気のケーキプレゼント。
25歳に似合った 素敵なケーキだったかと。


この記事は 演技記事だから そちらに偏った内容になってますが またお時間がとれましたなら
ブリアンコーチやプーさんとの なごなご記事も書けたらな…と思ってますデス。


http://www.isuresults.com/results/season1920/gpf1920/CAT001RS.htm
20191207-yy3.jpg


http://www.isuresults.com/results/season1920/gpf1920/SEG002.htm
20191207-yy2.jpg


☆~☆~☆~

メディアのインタで (今出来る)全部を出し切ったと おっさってた結弦くん。
ほんと、お疲れさまでした!。ブリアンコーチの事もあったし 4Lzで乗り越えた事もあったし…
クワド 4種類 5本の構成変更も含めて、本当に色んな事が詰まった トリノのGPF。
でも、めちゃくちゃ収穫も多かった GPFな気がしています!。


荒川さんへのお言葉も含めて、結弦くんはいつも感謝を忘れないし それをキチンと言葉として伝える。
マジ エライっす。…( ;∀;)… 

羽生結弦選手

『これが世界最高に向かっていかなくてはいけない過程なんだなと思ったので。めっちゃくちゃ練習します』



なんだかんだで、めちゃくちゃ練習に火がついてる結弦くん。
それは とてつもなく大変な日々なのだろうけれど、やっぱ とことんフィギュアスケートを愛してるんだな…と。

きっと、キノコゆづも
『よくやった。』と、今日は言ってると思うぞ!。


◆ 羽生結弦、チェンの世界最高得点V3に「めちゃくちゃ悔しいですし、もう今に見とけって思っています」、スポーツ報知

◆フィギュアスケート GPファイナル ◆最終日(7日、イタリア・トリノ)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)は、首位・チェンとの12・95点差を追いかけて臨み、194・00点、合計291・43点で2位。大会3年ぶり5度目の優勝はならなかった。チェンがフリー224・92点、合計335・30点で世界最高得点をマークし大会3連覇をなし遂げた。

 ◆羽生に聞く

 ─全て出し切ったと思うが?

 「出し切れたとは思います。点数はしょうがないんですけど。でも一つのステップとして、まず最後までケガしなかったのは大きいな。やっぱり4回転ルッツに関してはかなり自分も思い入れがありますし、いろんな意味で。そういうものをちゃんとループと…。きれいなループと一緒に曲で跳びきれたのは大きかったなと思います」

 ―相当な思いでこのリンクで滑ったと思うが?

 「理想の形ではないですけど、ショートも含めてやっぱりまだまだだなという思いは強くありますけれど、ただやっぱりここまで応援してくださった方々がたくさんいて、こうやってスケートを滑ることができていますし、荒川(静香)さんのおかげでスケートが出来ていると僕はリンクを含めて思いますし、こうやってここまで来れて。たぶん僕は、小さい頃の僕は許さないと思いますけれど、今できることはやり切ったんじゃないかなと思います」

 ―チェンが世界最高を出したが?

 「練習したいです。早く。本当にきょう疲れましたけれど、最後、ポーズがちゃんとできないくらい疲れちゃいましたけれど、これが世界最高に向かっていかなくてはいけない過程なんだなと思ったので。めっちゃくちゃ練習します」

 ―いま、キラキラしているように見える

 「もうね、楽しむしかないですよ。こんな自分の旧ジャッジの頃の、旧採点の頃の点数まで抜かれて、めちゃくちゃ悔しいですし、もう今に見とけって思っています」



インタビュアーさんから見て キラキラしているように見えた結弦くん。

結弦くんが キラキラしているのなら 私は それだけで めちゃ嬉しいです。ウルル…( ;∀;)…


◆ 羽生結弦2位、圧勝チェンに「今に見とけって感じ」、日刊スポーツ
◆ 羽生、2年ぶり4回転ルッツ成功も2位 チェンが世界最高得点で3連覇/フィギュア、SANSPO.COM
◆ 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子、毎日新聞
◆ 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い、毎日新聞


五輪連覇しても尚、世界選手権 2019に続き ビッグタイトルで 唯一 台乗りし続けているのは 羽生結弦さんダケ。
それが どれほど凄いコトなのか。日本のお偉いさん しかと その頭で考えて欲しい。


色んな想いはあるだろうけれど、結弦くん ホントにおめでとう!。
めちゃ可愛い 表彰式のお顔さん。


20191207-yyo21.jpg
sponichitokyophoto
<グランプリファイナル第3日>表彰式で笑顔を見せる羽生結弦(撮影・小海途 良幹)



☆~☆~☆~
てなことで、あの演技でFSの得点が 200を越えない事と 理不尽なPCSに どうしても 納得が出来なくて
アレコレと書きましたが… きっと結弦くんは またせっせと 心の炉心に 薪としてくべてる事かと。


☆~☆~☆~
色々と思うトコがあり過ぎて アレなのですが、私的には ネイサン選手の演技よりも エイモズ選手の方に
惹き付けられまする。振り付けも個性がありますし 3Aの前のステップとか 難しそうな感じでやっておられた気が。
3AのGOEも納得の高さだったかと。←ゆ~て見間違いだったら失礼をば。もうお時間がなくて確認が取れませぬ。
ひとつ前の記事でも トゥルソワちゃんの 3Aんトコ 勘違いしてたし。何か間違ってたら 誠に失礼をば。
で、エイモズ選手 キスクラでの喜びっぷりも めちゃ微笑ましかったような…(^^ゞ…
お人柄が出ている感じ。なんだか応援したくなる選手。てか、これから新な脅威となりそうな予感もチラリ。
でも、エイモズ選手は 魅せるという意味では 惹かれるモノを持っていらっさる気が。


紀平梨花選手、FSの速報がぁぁぁ… どんまい!。これから!。
佐藤駿くんは ジュニア GPFで優勝との事、本当におめでとうございます!。
4回転 3本成功で逆転優勝とか。やったな。これからが楽しみですね。

◆ 佐藤駿が4回転3本成功で逆転V「正直ビックリ」日本人4人目 ジュニアGPファイナル、デイリー


結弦くんの GPF 2019 エキシは 何を滑って下さるのかな。めっちゃんこ楽しみ。わっきゅわきゅ。


(キャプチャ・GIFは、こちらの動画様の お世話になりました。本当に有難うございます!。)


コメントや拍手を、本当に有難うございます!。いつもとっても感謝して拝読させて頂いております。
全ての内容にお返事する事は出来ませんのと、お返事が遅れギミになってしまうのですが
どうぞヨロシクお願い致しますデス!。


☆~当方を初めてご訪問頂きました読者様へ。『初めての皆様へ』の記事はこちらになります。
→「So Sweet ★ Days - Welcome to My Blog!」
     

12 Comments

ぷう&あんのママ  

さくさん、おはにゅ~ございます。

まずはさくさんの美麗写真に感謝!

勿論、結弦君のお誕生日と銀メダル、おめでとうございます。
といいつつ、何か、もやっています。
ネイサン選手との PCS差は 明らかにおかしい。
結弦君の演技、後半に多少の乱れは有ったものの、何せ点数が低すぎます。
さくさんのおっしゃるネイサン選手の衣装の事も含め、全く同じに感じてました。
それにジャンプの前の助走の長さは何だぁ~。
ジャッジは、目の悪い方が多いのか?

あ~~~~~~~~~くやぴ~!!!!!

あ、そうそう、私もエイモズ君の演技は好きです。
キャラもなかなかいいなと思いますし。
お茶目さんですもんね。

結弦君がこの次の全日本選手権に
心からの笑顔の演技ができるように祈るばかりです。

ちょっと過激なことを書いたみたいなので、
さくさんのお考え次第で、非公開にしてくださいね。






2019/12/08 (Sun) 08:47 | EDIT | REPLY |   

ミホリー  

世界一でした

さくさん、おはようございます!

やはり、羽生くんは期待を裏切らなかった。

羽生くんの生きざま、羽生くんそのものを見せていただきました。
涙が出ました。

純真でフィギュアスケートに全てを注ぎ、精魂尽きるまで戦い続けた真の戦士に、邪心ある得点など、なんの意味があるのだろう。

ダムパリでリンクに倒れこんだ姿、衝突事故の中国杯での渾身のファントム。

周りがどんなに変わろうと、ご自身がどんなに実績を積もうとも、あの頃と心は少しも変わらない。

そんな羽生くんを観せていただきました!

フィギュアスケートって特殊で、衣装も含めて観ている方に「魅せる」スポーツだと思うんです。

ネイサン選手の技術は素晴らしい。
悪く言うつもりはありません。
でも、でも

観る側のことはあまり考えていないように思えるんですよね…

あの衣装も、構成も。

私、仕事で生放送は観ることができず、録画で観ましたが、羽生くんの演技の後、ネイサン選手の演技も観始めましたが、途中で観るのをやめました。
観たいと思わなかったです。

羽生くんの哲学というか、信念を貫いて、また素晴らしいものをみせてくれると思います。

最後のポーズもままならなくなるほど、どんなときでも全力の羽生くんに、惚れ直しました!

てか、五輪二連覇して2シーズン現役でいてくれて、さらに銀メダルを獲得する、しかもそれを越えようとする…
これってものすごいことで、尊くて贅沢なことなんだということを、好き勝手言う人には自覚していただきたい。

感覚がマヒしちゃうくらい、羽生くんはすごいということなんでしょうけどね…

間違いなく言えること。
羽生くんの演技、いきざまはは最高です!

2019/12/08 (Sun) 10:11 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/08 (Sun) 20:32 | EDIT | REPLY |   

幸  

この時の『Free』は結弦くんの挑戦も加わっていたと思い観ていた。演技構成を変え演じている。
今回の構成が出来てアクセルも4回転半が出来たら…結弦くんの求める世界が近くて確実なモノに為るだろう。
そして少しずつ怪我無く『手に入れて欲しい』結果で在るだろう。
さく様と一緒に応援して行きたいです…☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

2019/12/09 (Mon) 00:38 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/09 (Mon) 06:19 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/09 (Mon) 19:12 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to ぷう&あんのママさん。

  
おはにゅ~ございます!。あ、ありがとうございます~!。結弦くん、祝銀メダル&はぴば 25歳のお誕生日!。
PCSは論外ですし TESもおかしいですしね。もう、ぶっちゃけ全部がオカシイです。i-88
私ね、爆盛とはいえ 100歩譲って、ネイサン選手はSPとFSでノーミスを揃えたのだから それなりの得点が出るのは受け入れますが
でも 羽生結弦選手の TESとPCSの 激下げが許せん。たとえ2位であっても、正当なジャッジがなされていたら
こんな想いはしなかったと想いまする。というか、せっかくの2人を マジで正々堂々の真っ向勝負で闘わせてあげたい。
世間では… ちょこちょこ、パトさんの時と比較したのが目に入ってきますけど、パトさんは復帰後 4Tがメインで 4Sの精度も不安定だったので
あの頃のパトリックの得点が”潮目が変わった”とは思わないのですよね… 周りが 4Lzや4F 4Loを跳ぶなかで
4Sの精度が不安定で競技でジャンプfallされてたのだから… 真央ちゃんとかも、後半は怪我で 3Aの精度が下がって
やっぱり競技で ジャンプfallが増えてしまった… でも、羽生結弦選手の場合は 今回のGPFで4種類のクワド5本を跳んで
今尚 超絶的な進化をしつつある。そして あの冒頭の4Loと4Lzの素晴らしかったコトといったら!。
だから、パトさんの時とは全然違うのに 結弦くんの得点を同じように激下げしようとしているジャッジには、
あまりにも”無理があり過ぎる”し目に余る。どうしたって理不尽として目に入ってきますデス。i-201
ネイサン選手の す~っと3Aに『5』をつけるジャッジも、オーストリアの次に低いジャッジをつけた日本の前田さん然り。
色々と書きたい事は山ほどあれど、あまり書いてもプラスの気が送れなくなりそうだし 士気が下がってもアレだからi-201
この辺にしときますが…(・∀・;)…i-201 ぐぬぬ。←拳を握り締める。
あ、エイモズ選手はお茶目さんでお人柄が滲み出てますよね。プロや振り付けも個性的で見応えがありますデス!。
いや、こんなの今回に関しては 生ぬるいと思ってます。お花畑の私ですら 激おこなのだから。i-201
  

2019/12/11 (Wed) 09:00 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to ミホリーさん。

  
おはにゅ~ございます!。本当に素晴らしい魂の『Origin』& クワド4種類5本成功は本当に涙出るほど嬉しい収穫!。
あの美麗4Lzは なんといっても今まで見た 4Lzの中で ダントツに一番美しかったです!。
「純真でフィギュアスケートに全てを注ぎ、精魂尽きるまで戦い続けた真の戦士に、邪心ある得点など、なんの意味があるのだろう。」←I agree.
「観る側のことはあまり考えていないように思えるんですよね… あの衣装も、構成も。」←これね。だから何も記憶に残らないし
何度も見返したいとは思わない。得点を稼ぐプロ構成の スポーツ青年が ぐるぐる回ってる時間だったな… みたいな…(・∀・;)…i-201
まだ、シニアに上がりたての頃の方が… 衣装もプログラムも感情や想いが込められてた気がするんですがi-201
平昌での悔しい想いが、ネイサン選手を変えたのかな… 衣装も、明らかに羽生結弦選手を意識した上での 対極路線だと思います。
あと、アメリカの有名デザイナーの服というのも それなりに意味がありそう… なんせ、資本主義大国のアメリカさんゆえ。
でも、観客に訴えたものは何?となると… 『僕は、こんなにジャンプが跳べます。』←これがメインの記憶に残るしかない。i-201
「最後のポーズもままならなくなるほど、どんなときでも全力の羽生くんに、惚れ直しました!」
プル様も、あの部分をインスタにお誕生日メッセージと供に UPして下さってましたもんね!。わかる人にはわかってる。
伝わる人には ちゃんと全て伝わっている。だから、結弦くんは ご自身の力を信じて思いっきり滑って頂きたいです!。
「間違いなく言えること。羽生くんの演技、いきざまはは最高です!」←だからこそ、滑りの全てが心に刻まれるのですよね。     

2019/12/11 (Wed) 09:19 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to yamaさん。

  
おはにゅ~ございます!。「アスリートの真髄を見ました!また惚れ直すしかないですよ❤️」ですです!。
ネイサン選手がミスしないのは… す~っとジャンプなのもありますし、ジャッジに不安がないので そらメンタル的に
かなり楽だと思います。羽生結弦選手の場合、ステップアウトすら シリアスエラーを取られるとかと どえらい違いです。
ネイサン選手個人には罪はないのですが… バックについてるモノは 悲しいかな、とてつもなく罪深いとしか。
「謎衣装」←ひょっとしたら、結弦くんのお誕生日で プーさんリスペクト?…(・∀・;)… な、ワケないか…i-201 ←混乱。
「ネイサン君は、現役の中で唯一、羽生君の孤独を救ってくれるスケーターだと思います。」←選手同士は本当に
切磋琢磨の仲だと思います。エキシでの結弦くんとネイサン選手のハグ、長かったですし…アレを見ていると胸が一杯になりました。
だからこそ、どうかどうか、この2人に心行くまで 正々堂々の真っ向勝負をさせてあげたい… そう願っています。
「羽生君は、どうしても神演技の時と比較してしまいがち。」←”結弦比”で見られるの、確かにキツイトコありますよね。i-201
「でも、羽生君が今回の構成で滑り切れたら、それこそ皆がひれ伏す天文学的数字が出るでしょう⭐️その時こそ、
見たかー!これが羽生だー!と高らかに宣言してやればいいんです。その時が楽しみですね」
←うぉう!。ですね♡。思いっきり叫びたいです!。
     

2019/12/11 (Wed) 09:29 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to 幸さん。

  
おはにゅ~ございます!。ですよね。今回の 4種類クワド 5本で、結弦くん曰くの武器、『それは、ルッツじゃない』。
結弦くんが望むのならば… 4Aの完成を 一途に願っています。実際、公式練習を見ていても 回転は ほぼ足りてるので
後は着氷のみの段階。ハーネスなしであそこまでデキル領域に到達されているのなら 必ずやモノに出来るはず!。
「手に入れて欲しい」←4Aも結果も。ただひたすらに、結弦くんを信じてついて行きたいかと。
    

2019/12/11 (Wed) 09:35 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to フリコさん。

  
おはにゅ~ございます!。「こりゃ明らかにおかしい邪ッジ」そう。誰がどう見たってオカシイのだよ。
ネイサン選手がSPとFS揃えてノーミスなのは、素直に立派。よ~やったと思いますが、結弦くんの得点が
とりわけFS、クワド4種類 5本を着氷して しかも冒頭の4Loや4Lzの素晴らしさをもってして、なぜに200点を越えない。
理不尽にも程がある。でも… おそらく 日本ジャッジの前田さんとかに聞いたとしても 『今回はスピードが』とか『今回は〇〇』と
”ゆづ比”を持ち出してくるのは目に見えているワケで。実際のトコ、結弦くんはプログラムを持ち越しているし
その部分でも ジャッジの目が厳しくなるトコはあるかもだけど…i-201 にしても ネイサン選手の す~っと3Aがプラス『5』で
羽生結弦選手は、ほんのちょっとのステップアウトでも ジャンプfall レベルの『-5』のシリアスエラーをつけるジャッジとか
あまりに理不尽。あと、下から2番目に低い点数をつけ、結果的に一番結弦くんの得点を下げた日本の前田さん。なんで 4Loと4Lzが『3』で、4Sに『1』つける。怒。
ジャンプ単独へのジャッジで ”ゆづ比”は通用せんぞ。しかもあれほど美しい美ジャンプだったというのに。
「一度ネイサンのような楽にジャンプできるシンプル構成にして、体力キープしてクリーンに滑って」
←もしも結弦くんがコレをやったとしたら、単純に PCSを思いっきり下げられるのが目に見えている。だから悔しいのだよ。
ネイサン選手はちょっとのミスでもあまりPCSに影響がないけど、結弦くんは高難度構成がデフォで その上でのノーミスが求められ
4Tコンボを着氷していても、わずかのステップアウトでシリアスエラーを取られ『-5』をつけるジャッジがいる。
もしも 全体の構成の難度を下げたとしたら それはそれで PCSを下げられる可能性あり… 今回 5クワドにしたコトで
技の繋ぎが 少し抜けたダケでも PCSをあれだけ渋くされたのだから。ぐぬぬ。←拳を握り締める。
あ、エイモズ選手は なんか可愛いのと プログラムに個性があるので そこが見ていて楽しいっすな!。
つって、ジャッジにはアレコレ思ってるけど ネイサン選手個人に どうのこうのじゃないのよ。i-201
むしろ、2人には もっと”良い戦い”(クリーンな闘い)をさせてあげたい気持ちが強いし。
お、表彰式またゆっくり見てちょ。ありがとぉぉ~!!
 

2019/12/11 (Wed) 10:04 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to tuna猫さん。

  
おはにゅ~ございます!。「4Loと4Lzが決まった時はガッツポーズで叫んだよー(;▽;)」←私も泣きました!。
「どんな結果だって誰が何を言おうとも心を突き動かされるのは結弦くんの演技だけです」そうなんだけど、
でも 得点はちゃんと正当な得点をあげたいよ!…( ;∀;)…i-201 クワド4種類5本跳んだのに 200点越えないとか
ありえんだろっ!!。怒。「モヤモヤが止まりません。ずーっと腹立ててます。」ほんに。わたしゃ~泣けてくるわ。もう。
「体操の白井君」「本人比で評価されて」←今回のPCSが低いのも 邪なジャッジに言わせると、おそらくこの”本人比・ゆづ比”を
持ってくると思うのですよね。でも、これでなんでも通ると思うなよっ!!。見てる観客が 何もわからんと思ってるのか。
全部わかっとるわ。まるっとお見通しだぞ。プル様だって 全部わかってると思いますし。
「試合会場で4Aの練習が出来た。フリーに5クアド入れられた。多くの収穫を得た。改善点もたくさん見えている筈。」
←勝つ為に 4Aが必要とは、あまりにキビシイ闘いだけれど でも… 羽生結弦の”生き様”には相応しい舞台なのかも…
物語の主人公には 圧倒的に強大な敵や困難が立ちはだかる。だけど 必ず乗り越えられるのが主人公。
その先に、スケートの神様が 最高のご褒美を用意してくれているのだと、そう信じています!。
あ、はっと我に返って疲れが。ヨロロ… パタ。←あ。i-201  
    

2019/12/11 (Wed) 10:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment