孤高の王者。惹き付けられるのだから仕方がない。羽生結弦選手、中国杯 2014FSより。

五輪連覇という偉業を成し遂げた羽生結弦選手。その間に 周りの選手方々の引退も数知れず
GPFなどでも 両サイドが入れ替わる中 真ん中に立ち続けた 4度連覇保持者。それもまた 本当に凄い。
そして 平昌五輪で連覇しても尚… 私の中で 世界選手権 2012 ニースのロミオ様と同じぐらい
胸に刻まれている演技が GPS中国杯 2014 FS”オペラ座の怪人” ゆづ赤ファントム様。
このシーズンの GPF 青ファントム様や国別での Bye-bye ファントム様も大好きなんですど
羽生結弦という フィギュアスケーターをのみならず 人間・羽生結弦が好きだと思った演技。
人の心は時に理屈を超えてしまう。好きなもんは好きなのだから こればっかりは仕方がない。


20190427-y1-1ca.jpg

No reproduction or republication without written permission.
(Immagine Gif e Photo collage di questo blog e vietata Tutti i diritti riservati.
Se si desidera pubblicare, si prega di mettere il link fonte originale.)



        z-coc-2014fs-ki2-xsat6g1-t6-10op.gif




※ 当方のキャプチャ・GIFの、ツイ・ブログ記事への転載・転用・コラージュの再加工、及び
商用利用等は 何卒ご遠慮下さい。個人で保存して ご自身で お楽しみ頂けるのは 大歓迎です。



”Number Web” パトリックのインタにて、”羽生に敗れたGPファイナルが転機”とあって
筆者に対して パトリックが以前語った言葉として

パトリック・チャン
『それまではベストな演技をすれば絶対に勝てるという自信があった。でもあのファイナルで2位に終わったとき、
良い演技をしてもジャッジは評価してくれないかもしれないという恐怖心がわいたんです』


記事には それから パトリックは ”(その)恐怖が「キラキラ」したオーラを失わせた。”のだと。


これは ある意味 パトさんの ど本音だと思う。思うのだけれど… だけど、今季の世界選手権後の
羽生結弦さんを見ていると… 羽生結弦選手は 何度も ネイサン選手へ”尊敬”という言葉を使い
悔しさも 素直に言葉と態度でも表し、その上で スコアも”ガン見”しながらインタに答え
その上で 来季に向けて戦う為に 『新たな武器を作る』そう おっさった結弦くん。
性格は 人其々だし それを含めて個性なのと 五輪の銀と 世界選手権の銀では
当然 メンタルへの打撃も 相当に違うと思うので どっちがど~とかではないのですが。


世界選手権 2019 で 羽生結弦選手のコンディションは怪我も含め ベストから程遠かったにも関わらず
羽生結弦選手自身の口から出た言葉は、
『仮に SP・FSでノーミスの演技を出来ていたとしても 今回のネイサン選手には負けていたと思います』
といったような内容の事を 答えておられた。見ていたこちらは、そんなことはないのでは…
と、思う部分もありましたけれど、でも ”負けは負け”と 認めた結弦くん。
だからこそ、”真のスタート”が切れる。

そう 孤高の王者の 王者らしい姿を しっかりと示してくれたとも思いました。


孤高と孤独は違う。羽生結弦選手は 今、自分と同じ感覚で 同じ景色を見れてる人がいるのか…
という意味で 孤高だと言える。プル様とかは かなり近いトコにおられるとは思うのですが
来季に向けて 4Aや 4Lz 4F 他の選手によっては もしかしたらの 5回転が必要になるかも…
という おっとろしい時代の幕開け。その戦乱に 歩みを踏み出す羽生結弦選手と 全く同じ感覚には
なれない部分もあるかもなので… ←もちろん、プル様は どこまでも心が寄り添って下さってると思いますが。


孤高という意味では、中国杯 2014 の後も 満身創痍の結弦くんに対して
ありとあらゆるご意見が 降り注いだと思われ… それでも それを耐え抜き 折れない心があったからこそ
今がある。ニースでの あの雄叫び、そして 中国杯・赤ファントム様の… この人 命懸けで滑っている…
そうビリビリ伝わって来た時から 羽生結弦は フィギュアスケート界において 別格の存在なのだと思う。


だって、こんなフィギュアスケーター 居なかったのだから。


※ 中国杯 2014 FSの演技、6練でのアクシデントは 二度とあってはならない事ではありますが
FSへの GOサインは、アメリカのメディカルチームが現地で診断して下さり、脳震盪ではないとの判断と
応急処置が施された上で滑った演技なので、当時のリアルタイムと違い そのあたりはご理解頂けているかと。

◆ パトリック・チャンが回想する、ユヅル、ダイスケ、ソチ五輪。Number Web
◆ 羽生結弦がまた栄冠 2018年アスリート報道量ランキングで1位に 僅差で大谷が2位、THE ANSWER


☆~☆~☆~
滑り終えた直後は アドレナリンが出ておられたと思うので… ちょいヤンチャ気味な表情や
笑顔も見えたりした結弦くん。


20190427-y2ca.jpg



20190427-y3ca.jpg


個人的に もう… ホントに 羽生結弦という人は…
と、観念した瞬間のお顔がこれ。スコアが出た瞬間 めちゃビックリお目目からの
なんとも言えない 嬉しそうはお顔。この顔を見た時に もう しゃ~ないやっっちゃなっ!!…(・ω・;)…
無茶しやがって…(TωT)… 状態に。目から涙、鼻から鼻水。口からヨダレ… ←これは出てない。


こんなにも キラキラした目をする選手を どうして止める事が出来よう。出来ない。
きっと あの時の オーサーコーチや 菊地さんもそうだったのだろうと。


20190427-y10cca.jpg


お母上は反対された…とか 何かのインタでお見かけしましたけれど…
後に P&Gさん マイレピにて お母上のお言葉が 羽生結弦選手によって ご紹介された時
『あなたは 私の体の一部なのよ。』 これ… お母様の 渾身の ”釘さし”だった気が…
これぐらい言わないと 羽生結弦という人は。


でも、矛盾しますけれど そんな結弦くんだからこそ 惹き付けられてしまうと思われ。
この相反する気持ちが 行ったり来たり。それは 今も尚 現在進行形。


☆~☆~☆~
どうしようもないな…と思いながら見てたら 結弦くんの この涙でもう。
画面のこちらは 号泣するしかない。

いつもの スラリと白魚のように細くて美しい指が 腫れて ぱんぱんになっていて…
それでも 滑りたかったのですよね。あの時は 6連直後 息が出来なくて もしかしたら これがフィギュア最後かも…
そう思われていたという結弦くん。今の採点方法だったら あの得点は出ないワケですけれど
あの時だからこそ ”ジャンプを回り切った”事が 得点源となり GPFへの道が開けたので
ジャッジの”採点方法”が ”変わる”という事に対しても この時のように…
きっと 振り返ってみれば プラスになる事があるはずに違いない。中国杯 2014を振り返って
あらためて、そう素直に思えるようになったりも。


実際に ただでさへ美しい 美ジャンプを跳ばれる羽生結弦選手が さらに そのジャンプに
磨きをかけ続けて行く モチベーションにもなっているだろうし、それによって この上なく
美麗なジャンプが誕生する事は 結果的に 結弦くんにとっても プラス以外の何物でもないのだから。


20190427-y4cca.jpg



20190427-y6ca.jpg




        z-coc2014fs-ki1-xsat6g-1-t6-11op.gif




20190427-y7ca-ca-1.jpg



このあたりは言葉がいらん。

20190427-y8ca.jpg


泣く…というよりも、拾われていた音声から 嗚咽しておられた結弦くん。


☆~☆~☆~
結弦くんが見せて&魅せて下さった 唯一度っきりの赤ファントム様。
でも、数ある試合の中で ”羽生結弦”という 1人の人間の フィギュアスケートに賭ける魂と ”生き様”が
これでもかというぐらいに凝縮された 4分半は 他にないかもしれない。


良いとか悪いとか そういった評価対象ではなく ただ心から大切な時間。大切にしたい演技。
それが 中国杯 2014 ”オペラ座の怪人”の 赤ファントム様。


20190427-y9ca-ca.jpg


いついつまでも 忘れないよ。大好き ゆづファントム様。


☆~☆~☆~
一昨日から”全日本”や”強化選手”、スケ連さんの表彰式とか諸々… 色々と考え過ぎて
何度も 書いたり消したりしたせいか 指が痛くて 夜寝れないぐらい痛かったっす…( ;∀;)…
でも、結局 その記事は UPして 1分で下げてりゃ~せわないんですが…
てか 一日で 口内炎が出来た。汗 カラダ中のビタミンB2 ごっそり全部 持ってかれた感。
あかん。こんな事やってたら 体壊す。やり慣れない事は 止めておこう…と 思った次第。

※ 追記、ひとつ前の記事は、あちらの記事に書いてありましたとおり 一両日経ったので 下げました。


というか 何かに対して物申す”文字”は、文字で人を ポコポコやってるようなもんだから
リアルでそれをやったら 手が痛いワケで 文字でも それをやったら 心が痛いというか
メンタル疲弊するのは 結局のところ 同じなのだな… と 思ってた昨晩から今朝にかけて。
なんて思っていたらぁぁぁ~ 朝のヤフーさんの TOP画面に 高橋選手のNEWSでこんなお言葉が。


── あらためて、’18-’19シーズンはいかがでしたか?

髙橋大輔選手
「すごく充実していました。こんなにストレスを感じなくていいんだろうかって、
悩みがなくていいのかな、と逆に不安になるというか…。それくらい充実した1年でした。すごく楽しかったです」


◆ 髙橋大輔選手が生涯現役宣言!「ナチュリエスペシャルトークショー」リポート

…(^^ゞ…

いやん。空気読めてる? 高橋先輩ってば。ビックリよ。
結弦くんとは別の意味で こちらも”怪物”的なモノを感じ出してしまった。ぞわわ。←こら。
てか、高橋選手が…というよりも やはり 所属している事務所の メディア戦略かと思われる部分が
多々お見受けいたしまする。タイミング的に 何かも。そら お預かりしている所属選手を
売り込むのがお仕事なのだから… 事務所は 全力でお仕事しているダケなので
そのあたりがヤヤコシイ。 まったくもって 諸々 大人の事情という事に。


”生涯現役”って、それは素晴らしい事ではあるかもだし これからの後輩にとっても
何某かの 別の道を切り開いて下さるかもしれない… そう信じるしか出来ないんですが
これから毎年、全日本だけ 出続けられるの…かちら?…(・ω・;)… 戸惑いで お目目ぐるぐる。


昨シーズンが ストレスフリーだった高橋選手… それに対して
抱えきれるのか…というほどの 重圧に耐えて 五輪シーズンと 2018-2019 の世界選手権に挑まれた
羽生結弦選手… この違いを どう脳内で処理していいのか もう私の CPUはフリーズ中。
ぷしゅ~ん。←あ、止まってもた。 あか~んっ。


とはいえ どんなスポーツにも 良くわからない事は 色々と起こってしまうので…
たとえば 今だに 胸が痛くなる サッカーの カズさんが あれほどまで望んだ
ワールド目前で 出れなかった事とか… ホント、それぞれのスポーツで わけわからん事って
沢山存在してるとは思うのですよね… むむむ。ムズイ。


(キャプチャ・GIFは、こちらの動画様の お世話になりました。本当に有難うございます!。)


拍手やコメントを、本当に有難うございます!。とっても感謝して拝読させて頂いております。
全ての内容にお返事できなかったり、お返事が遅れてしまたったりするかもなんですが
どうぞヨロシクお願い致しますデス!。


☆~当方を初めてご訪問頂きました読者様へ。『初めての皆様へ』の記事はこちらになります。
→「So Sweet ★ Days - Welcome to My Blog!」
       

16 Comments

ミホリー  

これぞ羽生結弦✨

さくさん、おはようございます!
渾身の記事の数々、心して読ませていただいております。

指も心も痛くなるくらいの気持ちで書かれた、さくさんの文章。

頑張っている…という言葉では到底形容しきれないくらいに日々精進されている選手を貶めるような文章を書く人たちにはこのくらいの気概はないでしょうね、おそらく。

私はまさにこの、中国杯ファントムで完全に羽生くんに心を奪われました。
それまでも好きで、応援していた選手ではありましたが、このときから完全に人間・羽生結弦に心底惚れました!

お母さまの、「あなたは私の一部なのよ」というお言葉。
羽生くんがいかにお母さまのことを大事にしておられるかを感じさせてくれますよね。

常に家族やファンのことも大切にしている羽生くんだからこそ響くであろうこの言葉を、お母さまは選ばれたのでしょうね。

やはりお母さまも賢い方なんだなぁ…と改めて思いました。

試合に出るということは、自分のためだけでなく、国やその後に続く選手たちへの責任もある。

これは選手個人個人というよりはむしろ、それを束ねるスケート連盟が、連盟の存在の本質を見失うことなくしっかりとした基準を設け、そして何より選手たちが余計な心労を負うことなく、のびのびとフェアに世界と戦えるように環境を整えていくべきかと。

選手同士がいくら正面から戦おうとしても、まるで個人的な好き嫌いでいがみ合っているように思われてしまうところも、どうも納得できないところで…

賢い羽生くんのファンでいることに誇りを持って、こちらも悪い情報に振り回されずに賢く生きなきゃなぁ。

一度きりの赤ファントムの羽生くんは、完璧に演技したときに負けないくらいの宝ものです。

2019/04/27 (Sat) 10:57 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/27 (Sat) 17:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/28 (Sun) 00:07 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/28 (Sun) 11:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/28 (Sun) 20:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/04/29 (Mon) 00:39 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to ミホリーさん。

   
おはにゅ~ございます!。あ… 当方への温かいお言葉 本当に有難うございます!。ウルル…( ;∀;)…
といっても、私が文章まとめるのがヘタクソ…なのと、やっぱ書き難い事でもあったり…諸々…
「このときから完全に人間・羽生結弦に心底惚れました!」フィギュアスケーターとして大好きだから
応援していたワケですけれど、フィギュアを通して 人間・羽生結弦の魂 生き様を目の当たりにした…
そんな 4分半だったような… 結弦くんのお母上、流石…という感じ。お母様なんですが、
ココゾという時の対応は ”めちゃ男前”というか。i-201
「何より選手たちが余計な心労を負うことなく、のびのびとフェアに世界と戦えるように環境を」
←こんな当たり前の事が 一筋縄では行かないようなので… 遠い目。
    

2019/05/01 (Wed) 08:45 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to ぷう&あんのママさん。

   
おはにゅ~ございます!。「このもやもやしたもの、〇〇〇や〇〇に変わって行きます。」
私も 今までは…もやもやながらも そんなワケないだろう…と思ってましたんですが…
昨年末の全日本、少し前の某バイトに対するスケ連さんの回答、そして今回のスケ連 強化選手とか JOC賞…
加えて ISUジャッジの各ジャッジによる 判定のバラツキ加減…etc.と、
こんなお花畑系の私ですら、は?…(・ω・;)… となる事が続いたような。普段だったら
絶対に書かない事とかも、流石に書いてしまいました。汗 ←消しましたけど。
「ごまめの歯ぎしり」私も こんな秘境で何を書いたトコで 全く力になってない感で…orz
結弦くんが続けて下さるとおっさったから、あともう踏ん張りしてみようか…とか…
といっても、リアルの事情もあるのでorz と 只今 毎日 葛藤中でござる…i-201
   

2019/05/01 (Wed) 08:57 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to tuna猫さん。

   
おはにゅ~ございます!。赤ファントム様 私は心から愛しいです。傷だらけで滑った結弦くんの時間…
それこそ ”真綿で大切にくるむように” 大切にしてあげたい… そんな時間。
「人は負けた時にその真価が問われるのだと、今回のワールドの結弦君を見てつくづく思いました。
弱い自分も受け入れられる強さ。本当に強い人。強くありたいと思う人。」←これですな。
勝った時より、負けた時にこそ その人が見えるというか。
「大ちゃんにはそういうところが〇〇〇〇のかな」←これ、あると思うのよね…(・ω・;)…
口下手なのか… 悪気はないけど 言葉が足りなくてそうなってるのか、それとも意識し過ぎ?なのか…i-201
”こじらせてる感”がして 仕方がない… そうでなかったとしても、”そう見えてしまってる”トコが悲しいというか…
「とんでもない〇を〇〇そうなので」←わからんでもない。流石に色々続いてるから…i-201
「田中さんの公演」「『俺の可愛いゆづるを見て‼︎』が全面に出ててw 」田中さん、可愛い。w
「他のスポーツを応援してもこんなにメンタルがやられる事はないかも。フィギュアってやっぱり特殊なのかな」
”スポーツ”ではあるんですが 舞台芸術のような色合いも濃いフィギュア。なので 世代交代に対するファンの態度などを見てると
少し”宝塚歌劇団”とかについておられる コアなファン層の感覚に類似している…と感じる事があります…
だから、他の純然たるスポーツの応援とは 少し系統というか 種類が違う?とこは確かにある気が。
       

2019/05/01 (Wed) 09:18 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to フリコさん。

   
おはにゅ~ございます!。もう毎年言ってるけど、マジGWってなんぞや?な日々…( ;∀;)…i-201
ままま、しゃ~ない。ぴちぴちッ子の頃には それなりに自由に遊ばせてもらったのだから。汗
「ヘロヘロ」ぬおおお… ダイジョウビなのかちら?…(・∀・;)… あんま無理せんようにね!。i-201
「大事な記事なのに何も書けなくてごめんなしゃい」←マジで こんなん気にせんといてちょ~!!
てかね、当然ながら 切り込んだ記事ほど 読者様がコメントし難いのは 私とて判るのだよ…
だから あんま書かないトコもあるんだけど。そういう系統の記事が好きな読者さまは
日頃から、そういったタイプの記事が連投されてるブログを見ておられるだろうし。当方の読者様は…
私が体力使ったような記事は、読者様も 疲れるだろうな… とは思うのよね…(・ω・;)…i-201
だから下げた記事も コメント欄は閉じてたんだけど。汗
「じわじわと自分の価値を〇〇〇しまうじょ」ところがどっこい スケ連さんが そうでもないトコがあるから…
この度のJOC賞みてたら良くわかる。
てかね、そのシーズン 各出場選手にとって かけがえのない 全日本台乗り枠なのだから
たとへ世界へのチケットを譲ったとしても、その年の台乗り経歴・選手としての”戦績”は
高橋選手の経歴に ”全日本勝利”として 毎年追加されて続けて行く事になる… ←もし出場して台乗りすれば。
そうすると… 今回の JOC賞みたいに 今度は高橋選手が いつの日か 最多記録?みたいな事になって
最優秀になるケースも 将来的にナイとはいえないワケで… そしたら 私 流石にキレるかも。
←もち 全日本から世界で戦って下さったらまた別なんだけど。i-201
       

2019/05/01 (Wed) 09:51 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to フリコさん。

   
おはにゅ~ございます!。「猛毒」←w あんなん 毒のウチに入らへんと思うで笑。
「〇〇行為」←んなもん、マンションプロデュースとか ”何千万もする物件を売買”する
不動産的なもんに手を出してる時点で もう… 他の選手とは 路線が分かれてしまった気がするもん…
フィギュアスケーターではなく、これは”実業家”に 一歩足を踏み入れたのだから”売名・宣伝”は当然なのかと。
だって、プロデュースしたマンションが 実際に売りさばけなかったら 高橋選手を起用した会社は
事実上の事業失敗となるワケで ”赤字”物件をかかえることになるのだから、となると目標は”完売”しかない…
単純に”デザインをプロデュースしました”だけで終わるんだったら、子供の遊びと同じだもん…(・ω・;)…
そんなん ビジネスの世界で まかりとおるワケないし。(もしも、デザインだけで 後はいいです~
その後の事は、全部こちらが引き受けます。みたいな甘い契約のお仕事が存在するのなら、知らんけど。汗)
羽生結弦選手のように 仙台の為映画はノーギャラ出演、出版本や諸々は 全て東北の為に寄付… みたいに
そのマンション売買の収益が なにがしかのチャリティー物件ならまた話は変わってくるかもだけど。
でも、そうでなく 純然たるビジネスであるならば 尚更。これ、毒とかじゃなくて ごく普通の
ビジネス会話だと思うぞ?…(・∀・;)…i-201
    

2019/05/01 (Wed) 10:12 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to kinmokueiさん。

   
おはにゅ~ございます!。ぬおお…i-201 いや指が痛いのは、マジで何度も書き直し過ぎたのは
そうなんですが汗 それは私の ボキャブラリーまとめ能力の欠如というか。orz
「私もコメントを一生懸命考えよう、と時間がかかってしまいました。」←あぁぁぁ…(・∀・;)…i-201
これ、あるだろうな…と 思ってたんですけど汗 やっぱ そらそうですよね。なんだか申し訳ない…orz
「見ている先が違いすぎて。」←なんかもう… ぶっちゃけな私の本音は あんな全日本ならば
羽生選手と 高橋選手 宇野選手とを ”一緒に同じ場所で戦わせたくない”ぐらいに思ってしまいまする…i-201
今の状態で、結弦くんを同じ土俵にあげたくない。←あ、言ってもた。…(・∀・;)… とはいえ 来季が始まって
高橋選手が 前哨戦や GPSなどで 全力で頑張って下さる姿を目にすれば もちガチンコ対決して欲しいですが。 
「羽生くんが大好きなスケートを思い切り出来て、4Aを試合で決めて、幸せでいてくれることが私の幸せでもあるので、
そこはぶれないようにこれからも応援したいなと思います。」ホントに。結弦くん 仙台で沢山パワーを
貰ってるはずだから きっといい調整が進んでいると信じて待ってます~♡。
   

2019/05/01 (Wed) 10:34 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/02 (Thu) 01:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/02 (Thu) 20:16 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to フリコさん。

  
こんばんはにゅ~デス!。「投資型マンション」いや~ だって実際に販売されてる価格帯は
3000万~5000万なのだから… 結弦くんのオルゴールとかの比じゃないお値段を出資させるのだから
”フィギュアやってなかったら 建築に進みたかった”そうなんですけど、いや その気持ちダケで
手を出してよかったのか?とか思ってしまったり…(・ω・;)… 個人的に不動産系と高級ジュエリーデザイン系は
モゴモゴ… な部類に入ると思ってまする… もち全部が全部じゃないですが…i-201
「そんな理由」かどうかは判らないけど、エキシ衣装も持ってきていないような心構えで
「神聖な試合の場に」というのはあるかも。だけど、ホント「若手たち」←これな。
でも、だからこその強化選手枠やのにぃぃぃ~i-201 と繋がってしまうのだよ… うむむ。
JOCは 世界選手権 唯一のメダリストより、全日本連覇が最優秀賞… な基準が…
世界選手権より 全日本の方が格上?とか… どうなっとるん?…(・ω・;)… 流石に目が点になるわ…
あ、ありがとぉぉ~!。
     

2019/05/09 (Thu) 01:58 | EDIT | REPLY |   
さく*ranbo

さく*ranbo  

to フリコさん。

  
こんばんはにゅ~デス!。「〇を吐いて」←爆。いや、ど~見ても 強化選手のチョイスもオカシイし
お名前の序列も 現五輪連覇王者で 今回の世界選手権唯一のメダリストが最後とか オカシイやろぉぉ~!!。
このお花畑の私ですら、ちょっと待てぃっ!! と あの画面見てツッコんでしまったもん。汗
「不動産」が悪いんじゃないぞ笑。だけど”デザインを手掛けた”事によって 自身のお名前で
何千万もの物件を人様に売る…という事の その”重み”が。お値段がお値段だけに… とは思ったぞ。i-201
「皮一枚」「ご愛敬と」←w いや、どっからど~見ても 色々とツッコみどころ満載だろ。笑
フリコさんw でもホントに”大人の事情”は ややこし過ぎる。わけわからん。i-201 ありがとぉぉ~!。
   

2019/05/09 (Thu) 02:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment