世界フィギュアのエキシビションで、羽生結弦選手が2011~2012年のFP
「ロミオ&ジュリエット」を あの時と同じ衣装で滑ってくれたのに感動、そして感涙
2012年の ニースの世界選手権で 銅メダルを取った時の感動のプログラム。

今シーズンの「ロミオ&ジュリエット」も大好きだけど… 個人的には
ニースのロミジュリの曲と演技構成、そして 衣装が大好きで
あのベージュからシャンパンゴールドへのグラデーションと
ボトムの黒の相性も良く、 それが髪の毛の黒とも似合ってて
キラキラの飾りの斜めに入ってる感じも素敵だったし
ついでにゆーと 髪型も… あの時は 前髪を少しだけ立たせギミにセット
してあったのまで好きなんですけど…笑
なんで あの髪型にしてくれないのか?(・∀・;) あっちの方が素敵なのに。←爆 
ニースでは 年齢が幼かった分だけ… あえて大人っぽい印象の髪型に
していたんだろうな… とは思いますが、今後の髪型に期待。笑 


あのロミオ&ジュリエット もう見れないのかな~とか思っていたんですけど
エキシビション 録画しといてよかった! もう 感涙にむせび泣きそうだった。
うう…(´;д;`)ウッ…   

年齢的にも ロミオ年齢だから、それがまた曲と良くシンクロしてるというか…
日本人で こんなに「ロミオ」 や キラキラ・ホワホワな衣装が似合う人って
そうそう居ないと思うんだけど(^^ゞ。
てか、日本人が見て素敵~ というダケじゃなくて
羽生結弦選手の場合は、 海外の人が見ても
「He is a prince!」 とか「real Romeo」 とか「gorgeous!」、 「cute」
ついでに 「beautiful skater!」 とか言われてるから
海外の方々が見ても やっぱり王子様みたいに見えるワケで
単純に手足が長いとか… 顔立ちがノーブルとかいう見た目プラス
もう リンクに登場してから 滑ってる間の”オーラ”が 別格なんだと思う。

曲を表現する表現力がある… とか そんな生易しいもんでもなく
”内側から迸る何か” が見てるこちらに ビリビリと伝わってくる…みたいな。
リンク前後と、リンクの中が別人のように豹変する?ようなトコも
たまらない。  可愛いお顔してて… リンクの中では めちゃ”雄度”高し
このギャップが本当にスゴイ。  


でもって、人が何を求めているのか?を ちゃんと見極めて それに的確に応えてくれる…
天性の嗅覚みたいなものが素晴らしい。今回のエキシビションでも あらためてそれを確信
しました。多くのファンの人が もう一度見たいと思ってる あの「ロミオ&ジュリエット」を
あの時の衣装で、さらに 「パリの散歩道」を たたみかけてこられたら
そら… もう…(´;д;`)ウッ…  感極まるしかないではないか。

って、あ つい羽生選手の事ばっか書いてしまいましたが汗
真央ちゃんの「スマイル」も大好き。 ラフマニノフも少し見れてよかった~!
羽生選手との2ショットで滑ってるトコも 2人ともがメチャ可愛かったヽ(。・∀・。)ノ。
でも これは エキシビション放送枠では流してくれてなくて
そのあとのニュースや 翌日のWSを録画してたから捕獲できましたが
なんで 枠内でOAしてくれなかったんだろう?と思ったり。
(全ての選手を出来るだけ OAできるように…とかなのかな?)


町田選手も白いYシャツにベルトでコンサバなスタイルで素敵でした!。 鈴木明子選手も
本当にお疲れさまでした! SP と FP と両方ともで うるっときてしまいました。泣
急遽出場の小塚選手もお疲れ様でした! 村上佳菜子ちゃんもこれからが楽しみです。 
真央ちゃんとアッコちゃんと佳菜子ちゃんの3人って
いつ見ても ホントに仲良しなのが画面のこちらでも判るから微笑ましい。

なんか… 昨年後半から 年明けのソチ、世界フィギュアと楽しみが続いていたので…
この世界フィギュアが終わってしまったら  あ… ソチシーズンが終わってしまった…orz
みたいな 若干ただ今 ソチロス的な気分(・∀・;)…
夏のオリンピックの時って  いつもあんま思わないんだけどな。汗
でも とにかく沢山の感動をありがとう!。



    
(旧ブログより移転記事)
        

☆~当方を初めてご訪問頂きました読者様へ。『初めての皆様へ』の記事はこちらになります。
→「So Sweet ★ Days - Welcome to My Blog!」

ランキングに参加しておりますので もし宜しければポチっと、どうぞヨロシクお願い致します。


  •   31, 2014 01:40
  •  0
毎回、ゲストの豪華さに惹かれて録画して見ていた「福家警部補の挨拶」
最終回の 八千草薫さんと 山本学さんのご夫婦役、文句なく素晴らしい
圧巻の演技力。 とりわけ ふわふわと柔らかいイメージの八千草薫さんの
静かな迫力と説得力。 ドラマのストーリー的な部分では、あんなの どうしたって
情状酌量になったろうに…泣  
なんで食い止められなかったのか?という思いと… 
あの2人を 福家ごときに逮捕させたくない?というような… 
なんだか複雑な心境になってしまった…(・∀・;)…。

壇れいさんは嫌いじゃないんですが、てか むしろ好きですけど
福家警部補の役柄に関しては… もごもご。 キャラ設定に とにかくムリが
あり過ぎたような… 衣服やメガネなどの見た目のビジュアルと喋り方全部。
せめて… もう少し普通の喋り方の方が まだよかったかも?(・∀・;)

にしても 「福家警部補の挨拶」では
全話を通してゲストが良かったと… 動機に関しては違和感もなく…
肝心の福家警部補を他の役者さんが演じていらっさったら… 
またもっと違ってたのか…も… 
でも、ラストは宝塚対決ということで、アレでよかったのか。
というか、福家警部補の演技がイヤで?
あの八千草薫さんと山本学さんの素晴らしい演技が 沢山の人に
見てもらえなかった?とかだったら 勿体ないにも程がある。
    
(旧ブログより移転記事)
   

☆~当方を初めてご訪問頂きました読者様へ。『初めての皆様へ』の記事はこちらになります。
→「So Sweet ★ Days - Welcome to My Blog!」

ランキングに参加しておりますので もし宜しければポチっと、どうぞヨロシクお願い致します。


    
  •   25, 2014 01:49
  •  0